育毛漢 ~魂のMENU~

有効成分・その他の成分解説

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールとは、ビタミンE誘導体で、酢酸エステルである。まず誘導体というのは、有機化学という分野における用語でwikikから転載すると、

ある有機化合物を母体として考えたとき、官能基の導入、酸化、還元、原子の置き換えなど、母体の構造や性質を大幅に変えない程度の改変がなされた化合物

のことです。

酢酸トコフェロール

なにやら難しい用語が沢山出てきてしまいましたが、もっと簡単に説明すると、誘導体とはその化合物に対して、化合物の分子内の一部分のみが変化して出来た化合物のことです。そしてビタミンEをビタミンE誘導体にすることで、ビタミンE本来の機能を失わず、吸収性や溶解性や活性を高め、副作用などを軽減できるのです。

さらに酢酸エステルですが、これは

酢酸トコフェロールの効果と副作用について

酢酸トコフェロールは、末梢血管(まっしょうけっかん…毛細血管とも言われ、太さは0.005mm~0.001mm)の血流を良することで、手足のしびれやめまい・頭痛などの症状を改善し、代謝を良くする効果があります。

酢酸トコフェロールは、脂溶性ビタミンとして皮膚の脂質で吸収されやすい形になっています。医薬品として、抗酸化作用、ホルモンバランスを保つ効果を持っています。人体への安全性も確認されているので目薬などにも使用されています。化粧品や育毛剤に使用する場合は、抹消血管拡張作用血行促進作用が期待出来ます。

副作用としては、胃への不快感、下痢、便秘などの症状が挙げられます。さらに、過剰に摂取した場合、目のかすみ、頭痛、吐き気、胃痙攣、めまいなどの症状も引き起こす危険性があるようです。

酢酸トコフェロールが含まれている育毛剤

リアルラゾンDX など。

育毛剤に主に有効成分として配合される成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ