育毛漢 ~魂のMENU~

有効成分・その他の成分解説

コメヌカエキス

植物名 イネ
学名 Oryza sativa
科名 イネ科
和名、別名、生薬名 イネ(稲)
育毛において期待できる効果・効能 保湿、血行促進、末梢血管拡張作用

コメヌカエキスの原料とその効果・効能

コメヌカ(米ぬか)コメヌカエキスとは、イネ(稲)の種から得られる玄米(ゲンマイ)を精米(玄米を搗いて白くすること )して白米にする際に得られる果皮、種皮、胚芽(米ぬか)及び糊粉層粉砕物の混合物から抽出されたエキスになります。

イネは、アジアの暖温帯から熱帯に分布する野生種である、オリザ・ペレニス(Oryza perennis)が起源と言われている一年生草本の植物です。

日本には古代に渡来し、日本人の主食となる農作物として全国で栽培されています。成分としては主なものは、γ-オリザノール、フェルラ酸、ビタミンEとB群、アミノ酸類を多く含んでいます。γ-オリザノールは、更年期障害の各種症状に有効で、毛細血管拡張作用による血行促進作用があります。

フェルラ酸は、食品分野において抗酸化剤や変色防止剤として配合されています。また、米ぬか自体には多くのオイルやガンマオリザノールという成分が含まれていて、UVカット、美白性を持つことから、多くの化粧品に配合されています。コメヌカエキスの種類によっては、保湿効果の高い製品も作られます。 化粧水、クリーム、石けんなどに使われます。

民間療法的には健胃、滋養強壮、止渇作用などがあるといわれ、下痢、腹痛、食欲不振の症状を改善する際によく使用されています。  

コメヌカエキスが含まれている育毛剤

薬用ダブルテラ など。

その他の成分…育毛効果が期待できる植物由来の天然成分

※…ここで使っているエキスという単語ですが、抽出液と意味は一緒です。ここでは全てエキスで統一しています。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ