育毛漢 ~魂のMENU~

有効成分・その他の成分解説

カワラヨモギエキス

植物名 カワラヨモギ
学名 Artemisia capillaris flower
科名 キク科
和名、別名、生薬名 -
育毛において期待できる効果・効能 消炎、保湿、収れん、抗菌・殺菌

カワラヨモギエキスの原料とその効果・効能

カワラヨモギカワラヨモギエキスとは、キク科の多年草植物であるカワラヨモギの花や葉、茎から抽出したエキスです。黄褐色~茶褐色の液体で、特異な匂いがあります。川原や海岸の砂地に多く自生するヨモギなので川原(カワラ)ヨモギ(蓬)と言います。

漢方では2000年以上も前から使用されてきた民間薬(生薬)で、生薬名はインチンコウと呼びます。主な成分としては、フラボノイド、タンニン、精油などを含んでいます。

作用としては、細胞修復作用抗アレルギー作用抗菌作用抗炎症作用保湿作用収れん作用など多岐に渡り、非常に優れた効果・効能が期待できます。

肌を清潔に保ち肌あれ防止を目的として基礎化粧品に配合されたり、フケや痒みを防ぎ、育毛効果を期待して頭髪用化粧品や育毛剤に配合されています。主成分の精油には、皮膚病原性真菌の発育を強力に抑制し殺菌する作用もあります。

カワラヨモギエキスは、ゼニアオイエキス、チョウジエキス、甘草エキスなどのハーブ系エキスと一緒に配合することで相乗効果にをもたらします。肌のキメを整える成分、美白成分としてエイジングケア化粧品において活躍をします。

カワラヨモギエキスが含まれている育毛剤

利尻ヘアエッセンス など。

その他の成分…育毛効果が期待できる植物由来の天然成分

※…ここで使っているエキスという単語ですが、抽出液と意味は一緒です。ここでは全てエキスで統一しています。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ