育毛漢 ~魂のMENU~

有効成分・その他の成分解説

ゴボウエキス

植物名 ゴボウ
学名 Arctium lappa
科名 キク科
和名、別名、生薬名 ゴボウ(牛蒡)、ゴンボ、キタキス、ウマフブキ
育毛において期待できる効果・効能 血行促進、保湿、収れん

ゴボウエキスの原料とその効果・効能

ゴボウキク科の植物であるゴボウの根から抽出されたエキスです。元々ゴボウの原産地はヨーロッパや中国なのですが、日本には中国から薬用として伝わって来しました。

ゴボウエキス自体の成分としては、イヌリン、タンニン、多糖類を多く含んでいます。効果は多岐に渡り、保湿、収れん、フケ予防、脱毛予防、発汗・血行促進などの効果があります。

また、ゴボウの種子には解毒、消炎、非濃作用があり、腫れ物の薬、漢方薬として使用されています。化粧品においては、うるおいや肌のキメを細かく整える目的で配合されています。

因みに、ゴボウそのものは炭水化物ですが、難消化性(胃や小腸で消化吸収されることなく大腸まで達する性質)の食物繊維です。この食物繊維が腸の老廃物を抱え込んで排出されます。

また、前述したイヌリンという物質は、体内で糖に変わり難いことから、血糖値の上昇を抑制する働きがあります。身近な事象として、水にさらすと出て行くアクの正体というは、コーヒーと同じクロロゲン酸であることが最近の研究で明らかになったそうです。

ゴボウエキスが含まれている育毛剤

薬用ダブルテラ など。

その他の成分…育毛効果が期待できる植物由来の天然成分

※…ここで使っているエキスという単語ですが、抽出液と意味は一緒です。ここでは全てエキスで統一しています。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ