育毛漢 ~魂のMENU~

有効成分・その他の成分解説

アロエエキス

植物名 アロエ
学名 Aloe ferox、Aloe africana、Aloe vera
科名 ユリ科
和名、別名、生薬名 キダチアロエ、ケープアロエ、アロエベラ、ロカイ
育毛において期待できる効果・効能 消炎、収れん、保湿

アロエエキスの原料とその効果・効能

アロエアロエエキスとは、アフリカ原産のユリ科植物であるキダチアロエやアロエベラの葉や葉汁を 乾燥させたものから抽出したエキスです。

世界各地に広く分布していて、昔から下痢や火傷、皮膚病や頭痛など、万病に効く薬草として重宝されてきました。最も古くは、紀元前20~30世紀頃から薬用として使用されていたという記録があるそうです。

アロエというのは、アラビア語の「alloeh」という語を語源としていて、これは「苦味がある」という意味です。日本ではアロエの漢名である廬薈(ろえ)を日本語読みして「ロカイ」とも言われます。

主な成分としてはアロインやアロエ・エモジン、多糖類、タンニン、ステロイド、有機酸、アミノ酸、グルクロン酸といった成分を含み、保湿効果抗炎症作用、美白効果、紫外線吸収作用、チロシナーゼ活性阻害作用、収れん作用などが挙げられます。

こういった効果を目的として、肌荒れ防止目的の化粧品や育毛剤に使用されています。また、UVカットなどの日焼け止め化粧品にも配合されています。このアロエの日焼け防止効果は相当なものと推測され、実際に200度以上の高温に皮膚を当ててしまい大火傷を負った人が、アロエを塗ったら30分程度で治まったという話もあります。

さらにアロエは便秘、胃潰瘍、糖尿、肝臓、癌、神経障害、乗り物酔いなどにも効果が期待できます。一般用医薬品として便秘薬に使用され、アロエの苦み成分でもあるアロインという物質が便を柔らかくして、大腸のぜん動運動を起こさせる事で、スムーズな便通になるということです。

アロエエキスが含まれている育毛剤

利尻ヘアエッセンス など。

その他の成分…育毛効果が期待できる植物由来の天然成分

※…ここで使っているエキスという単語ですが、抽出液と意味は一緒です。ここでは全てエキスで統一しています。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ