育毛漢 ~魂のMENU~

有効成分・その他の成分解説

プロリンとは?効果・配合目的など

プロリンプロリンとは、アミノ酸のひとつで表皮細胞増殖促進活性、コラーゲン合成促進活性、角質層保湿作用などがあり、一度破壊されてしまったコラーゲンを修復する力をもつという、美容にとっては重要な非必須アミノ酸です。

プロリンは体内で生合成される非必須アミノ酸であり、天然保湿成分(NMF)のアミノ酸です。コラーゲンの主要成分で、体の結合組織や心筋の合成時の主な材料です。

皮膚の表皮や真皮の細胞ひくっつける働きがあるので、健康的な肌を保つための重要な成分です。赤ちゃんの肌がプルプルなのは、このプロリンが豊富にあるためです。 プロリンは脂肪の燃焼にも関わる、いわゆる燃焼系アミノ酸なので、ダイエット用のサプリメントにも配合されています。

プロリンが水酸化したヒドロキシプロリンについて

プロリンがヒドロキシ化(水酸化)されたものをヒドロキシプロリンと言います。コラーゲンの中においては、プロリンの約半分がヒドロキシプロリンに変化します。そして、プロリンとヒドロキシプロリンの2つでコラーゲンの構成成分の15~30%を占めています。

ヒドロキシプロリンは保湿効果が高いという特徴があり、化粧品の原料として利用されています。また、ヒドロキシプロリンは、表皮角質細胞の増殖を活性化させたり、表皮中のセラミドや水分量を増加させたりして、表皮のバリア機能を高めてくれます。

さらに、コラーゲンの生産性を高め、それによりシワの改善効果が期待でき、肌の弾力を持たせることが知られています。因みに重要なポイントとして、ヒドロキシプロリンを含むコラーゲンを経口摂取すると、これらが繊維芽細胞などを活性化することで、コラーゲンの生成が促される作用があるとされていて、コラーゲンの経口摂取は美肌に効果があると言われていますが、生物学的には信憑性はないようです。

プロリンが含まれている育毛剤

濃密育毛剤BUBKA など。

その他の成分…髪の毛に大事なアミノ酸系成分とか防腐剤とか色々

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ