育毛漢 ~魂のMENU~

有効成分・その他の成分解説

アラニンとは?効果・配合目的など

アラニンアラニンとは、肝臓における糖質の合成原料となるアミノ酸で、人間の体内のエネルギーを作り出すのに重要な役割を果たす成分です。アラニンは非必須アミノ酸なので身体の中で作ることができる成分です。

肝機能の改善効果や下痢によって失われしまった水分を補給する効果、運動後に糖が不足したときに起こるケトーシス(血中にケトン体が増加する症状のこと。飢餓、糖尿病などで起こる。)を、ケトン体を減らすことにより防ぎます。

育毛剤をはじめ、様々な医薬品、化粧品に配合されている

アラニンは天然保湿因子なので、保湿成分として化粧品や育毛剤、医薬品などに配合されています。また、アラニンはアルコールの代謝に関わるアミノ酸で、アルコールを分解する器官である肝臓の栄養分になります。通常肝臓は、グリコーゲンという物質をエネルギー源としてアルコール代謝をしています。

しかし多量のお酒を飲むと、グリコーゲンが使えなくなりアルコールを上手に分解できなくなります。この時、グリコーゲンに代わりアラニンが肝臓のエネルギー源となり、肝臓の働きを活発化させアルコールを分解するのです。なので、アラニンが配合されているサプリメントなどは、こういった目的で消費されています。

アラニンにはダイエット効果もある

アラニンにはダイエット効果も存在します。アラニンはアミノ酸系成分ですが、数あるアミノ酸系成分の中でも燃焼系アミノ酸になります。因みに燃焼系アミノ酸とは、リジン、プロリン、アルギニン、アラニンの4つのアミノ酸のことで、体内で脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化する働きがあります。

リパーゼが活性化している状態というのは、即ち脂肪が燃えやすい身体ということになります。アラニンをサプリメントなどでしっかり摂り続けることで脂肪が燃えやすい身体になり、結果、ダイエット効果が期待できるのです。

アラニンが含まれている育毛剤

濃密育毛剤BUBKA など。

その他の成分…髪の毛に大事なアミノ酸系成分とか防腐剤とか色々

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ