育毛漢 ~魂のMENU~

育毛剤の基礎知識

育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いについて

育毛関連の商品としては、「育毛剤」という呼び方が世間一般的には最も普及しているかと思いますが、よくよく調べてみると、発毛剤、養毛剤と言った呼び方の商品もあるということが分かります。

そこで、それぞれ『何が違うのか?』と思う人もいると思います。これらの用語・商品についてはその文字の意味そのままなのですが、一応しっかりと定義を確認する意味でも解説しておきます。

育毛剤 毛髪の成長を促す。 医薬部外品(薬用)
発毛剤 脱毛した毛穴から毛髪を発毛させるように促す。 医薬品
養毛剤 脱毛を防止し毛髪を保護する。 化粧品

簡単にまとめると、育毛剤、養毛剤に関しては、今ある毛髪に影響を与えて、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を期待する商品で、発毛剤に関しては、新しく生えてくる毛髪に影響を及ぼすということになります。

そして、最も注目するべきは、薬事法による分類です。育毛剤に関しては、有効成分が配合されていることで医薬品や医薬部外品を謳えるわけですから、養毛剤に関してはあまり効果が期待できないかと予測できます。もし仮に薬事法によって認められる成分が配合されていれば、わざわざ養毛剤と謳う必要はないですからね。

育毛剤・発毛剤・養毛剤の効果&副作用の程度について

これも予測はつくかと思いますが、

一般的な効果及び副作用の程度の順序

となります。これは当たり前ですが、効果があるというのは相応のリスクがあるからであって、昨今の消費者は、効果も安全性も高いレベルを求めるのが当たり前という人が居ますが、これは大きな間違いです。

それは各販売会社の誇大広告に踊らされているだけの人です。基本的に医薬品や医薬部外品は、副作用があるからこのように名乗れるという側面的真実があります。懇意にしているお医者さんも『副作用があるから薬なんです。』とハッキリ言っています。

じゃあ私が購入すればいいのはどれなの?

おそらく多くの人にとって必要なのは「育毛剤」です。理由としては、薄毛に悩む人の多くの人は、ハゲたという認識が間違っていて、実際に頭皮を確認してみると、髪の毛が完全に抜け落ちたという状態ではなく、限りなく細くなっている状態だからです。これは厳密に言うとハゲ・薄毛では無く細毛という状態です。

それが、実際の印象として世間一般ではハゲ・薄毛と呼ばれるので、それが流行しているということです。

ですから、髪の毛は生えているのです。どんな形であれ生えているということは、発毛剤よりも育毛剤・養毛剤が適切になりますが、前述したように、養毛剤ではその効果において不安がありますので、結果的に残った育毛剤を選択するのが妥当ということになります。

また、一般消費者の間では育毛剤・発毛剤・養毛剤などはひと括りにして語られるので、当サイトにおいても、リアップ(発毛剤・医薬品)やM-1育毛ミスト(ただのローション)についても、育毛剤として扱っています。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ