育毛漢 ~魂のMENU~

育毛剤の基礎知識

育毛剤で言う医薬品・医薬部外品・薬用の違い

育毛剤と一口にいっても、含まれている有効成分、育毛有効成分は様々で期待できる効果も様々です。現在市販されている育毛剤を一番大きな括りで分けると、

  • 1.医薬品
  • 2.医薬部外品
    3.薬用

このように分けられます。医薬品、医薬部外品については薬事法という法律で定義されています。ざっくり言うと、

医薬品 日本薬局方に記載されているもの。
医薬部外品 疾病の診断や治療および予防などの使用目的で使うもの。

こんな風にしっかりと定められているのです。因みに薬用に関しては、

薬用 体の構造又は機能に影響を与える目的で使用する、機械器具ではないもの。

と言ったところですね。

医薬部外品と表示されている商品は、全般的に安全性が高く、穏やかに作用して効果・効能が期待できる成分が入っています。育毛剤であれば頭皮に塗ってに使用するもの、頭皮に直接触れるものなので、安全面で消費者に判断できる材料が無いと困りますよね。そういった背景もあり、薬事法という法律の中で定められているのです。

対して医薬品というのは、病院で医者に出してもらう薬や、ドラッグストアーなどで市販されている薬のことです。医薬部外品の目的が予防にあるのに対して、医薬品は病気や怪我を治療するためのものです。

即効の効果が期待できますが副作用の問題も付いてきます。ですから医師や薬剤師のアドバイスのもと服用します。医薬品には更に、第一類医薬品第二類医薬品第三類医薬品と区分されます。後ほど説明します。

そして薬用ですが、これは医薬部外品に属します。『薬用石鹸ミューズ♪』とか『薬用クリアクリーン♪』など、CMを通じて浸透している言葉ですよね。

なんで医薬部外品に属するのにわざわざ薬用という言葉を使っているか?というと、「医薬部外品」と書いてしまうと、医薬品と比較されて効果が劣っているイメージを消費者に与えてしまうためですね。

薬の外というイメージより薬用(のため)というイメージの方が明らかに効果がありそうですよね。あくまで戦略だと覚えておきましょう。

医薬品に属するの育毛剤

第一類医薬品「リアップX5」医薬品としての育毛剤には、CMでお馴染みのリアップNFカロヤンガッシュなどがあります。医薬品の育毛剤には薬事法において、効果が期待できると認められた成分が配合さています。ただし、文字通り配合されているのは薬なので、育毛・発毛効果を主作用とすると、その反対の副作用がある可能性があります。

ですから、医薬品の育毛剤を購入する場合は、その前に薬剤師などの専門家に相談した方が良いかもしれません。

医薬品の育毛剤はさらに細かく分類すると、第一類医薬品第二類医薬品第三類医薬品とがあります。例えば最新のリアップX5などは第一類医薬品、ハツモールヘアーグロアーSなどは第二類医薬品、NFカロヤンガッシュは第三類医薬品に分類されています。

この第ほにゃらら類というのは、リスク区分のことで、購入者に対して商品の対応者や説明等の義務の厳しさがランク分けされています。

リスク区分 対応する専門家 購入者側から質問等がなくても行う積極的な情報提供
第一類医薬品 薬剤師 書面を用いた情報提供を義務付け。ただし、購入者側から説明を要しない旨の意思表明があった場合はこの限りではない
第二類医薬品 薬剤師または登録販売者 努力義務
第三類医薬品 薬剤師または登録販売者 不要(薬事法上の規定は特になし)

こんな感じで、第一類が一番厳しいルールが定められています。

それはどういう事を意味するか?と言いますと、それだけリスクを伝達しなければならない要項がある、ということでしょう。効果の程は疑問ですが、とにかくこういったルールが存在するのです。

第一類医薬品の育毛剤について詳しく

処方箋が無くても購入できる育毛剤です。(まあ、大概の育毛剤はそうです。)副作用のリスクが最も高く、消費者の立場から言うと要チェック育毛剤です。

薬剤師による対面販売のみ許可されていて、もちろんインターネットなどでは販売できません。

ということで早速チェックしたのですが、公式サイトでもAmazonでも購入窓口はありませんでした。そして上にも書いたように、販売者には、購入時に質問されなくても情報提供の義務があります。

第三類医薬品の育毛剤について詳しく

処方箋が無くても購入できる医薬品で、もっとも安全性が高い=副作用のリスクが低いものです。薬剤師、又は薬の販売を許された登録販売者が販売できるようになっています。

注意点としては、販売者には、お客さんから質問がない限り情報提供の義務がありません。という事は、これはもう説明してくれない、という事と同じですよね。こういうあいまいな感じは育毛漢は大嫌いです。

そして、対面販売である必要は無いので、インターネットでの通販や電話販売も可能になります。

第一類医薬品でもネットで購入できる!?

これは薬事法の網の目をすり抜けているというか、ちょっとグレーな話なのかもしれませんが、ケンコーコムSGというサイトではリアップX5などが購入できます。

シンガポールに拠点があるらしく、日本の薬事法の適用範囲外なんですね。いいのでしょうか?果たして。

医薬部外品(薬用)の育毛剤

医薬部外品(薬用)は、有効な成分は入っているのですが、基本的に医薬品よりも効果は薄いと言われています。しかし、副作用の心配がほとんどないので、安全性は高い育毛剤となります。ネットで通販できる有名な育毛剤の殆どは、この医薬部外品です。

医薬品とは違って、治療という枠組みではなく、予防や頭皮を清潔に保つ、といった目的で作られた育毛剤、という位置づけです。医薬品は、効能・効果など、使用上の注意事項に関して、法律上、記載義務がありますが、医薬部外品では指定成分のみの記載となります。

パッケージの裏をみると、「指定成分」と書いてありますが、この制度のお陰で消費者には非常に厄介なことになっているのです。育毛業界に限らず化粧品業界などでも、消費者との間に大きな誤解を生む要因となっています。

つまり、無添加とか言う記載を細かく言うと、『表示指定成分に関しては無添加ですよ。』という言い逃れができるからであり、この傘に被って誇大広告を打つ販売会社が後を絶たないからです。

薬用ポリピュアの成分表示基本的に販売ページ(セールスページ)に堂々と成分を乗せておらず、別ページなどにひっそりと掲載しているような育毛剤は、その配合成分に自信がないと思ってよいでしょう。

消費者への情報開示に積極的ではない販売会社が販売する商品なんて、信用できますか?また、有効成分とその他の成分の表記を曖昧にしている販売会社もちょっと信用できません。

例えば信用に値する記載の例としては、薬用ポリピュアEX のセールスページが挙げられます。しっかりと有効成分がどれなのか?を明示しています。右画像の赤枠で囲った部分に注目して下さい。

反対に、人気のM-1ミストのセールスページを見ると、どこにも成分に関する記載が載っていません。そこでよく調べてみると、有効成分がひとつも無い上、全成分が6種類しかなかったことに気が付きます。

不都合な事なので隠したかったか?というのは分かりませんが、そういう事は別にして、ユーザーの信頼や安心を獲得するためには、確認しやすいように成分を掲載しておくのが最低限の行為だと、育毛漢は思います。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ