育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…グリチルリチン酸2K(ジカリウム)

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)とは?

商品名 外原規グリチルリチン酸ジカリウム
化粧品表示名称 グリチルリチン酸2K
INCIコード DIPOTASSIUM GLYCYRRHIZATE
部外品表示名称 グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)のシャンプーへの配合目的など

甘草(かんぞう)育毛剤や育毛シャンプーの成分において、最も有名な成分だと思います。グリチルリチン酸2K(ジカリウム)は、マメ科植物である甘草(カンゾウ)の根茎から抽出したものをカリウム塩の形にしたグリチルリチンの誘導体になっています。

この成分は、水に溶けやすいために、化粧品に使われることが多く、アルカリ中和タイプの増粘剤と一緒に配合すると逆に粘度が低下するのです。グリチルリチン酸2Kの成分構成は、トリテルペノイド配糖体であるサポニンやフラボノイドからなっています。

日本薬局方外原料規格や医薬部外品原料規格にも収蔵されている成分であり、化粧品や医薬品など数多くの物に使われている成分の一つになっています。 グリチルリチン酸2Kの主な役割は、ニキビや肌荒れの予防や悪化を防ぎ、薬効成分として消炎作用もあります。

これらの働きは、漢方薬としても使われる甘草に含まれているもので、医薬品として、風邪薬、抗アレルギー薬、慢性肝炎にも使われています。 もちろん化粧品や石鹸、育毛剤にも配合される訳ですが、ステロイドに似ている構造になっていますので、炎症抑制の効果がとても高いです。

ステロイドよりか炎症を抑える力は弱いですが、同時に免疫抑制作用への影響も弱いので、配合量が多くなければ安心して使えます。ですから、ニキビが多い肌が弱い人や敏感肌の人にお薦めできる成分となっています。

他にも、抗炎症作用抗アレルギー作用がありますから塗布用として、発毛剤、フケ取りトニック、フケ取りシャンプーに使われています。 グリチルリチン酸2Kは、薬事法で認められている天然成分でもあるのですが、人によってはセルライトが発生する危険性もあります。

また、副作用として、副腎分泌ホルモンが過剰分泌しているかのような症状になる偽性アルドステロン症があります。 これは、大量のグリチルリチン酸2Kを服用した場合に起こる可能性があり、肌への塗布には問題ないと言われています。 天然成分とはいえ人により相性がありますので、配合量も含めてチェックできればベストですね。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ