育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ピロクトンオラミン

ピロクトンオラミンとは?

ピロクトンオラミン(Piroctone olamine)は、殺菌薬として主に育毛剤や育毛シャンプーに配合される有機化合物です。単体としては、クラリアント社という会社から商品名オクトピロックス(Octopirox)として販売されています。

CM等で有名な育毛シャンプーであるスカルプDに、有効成分として配合されています。先ほど述べた効果の他に、皮脂の分泌を制御する効果があるので、脂性の頭皮の(一時的?)改善や、ふけやかゆみを防ぐ効果も期待できます。

さらに、毛根細胞の自然死を制御することで、結果的に脱毛の予防効果もある、ということで、今注目が集まっている成分です。表示成分としては殺菌剤、防腐剤に分類されています。

ピロクトンオラミンの短所としては、皮脂の分泌を制御し殺菌をしてくれる一方で、頭皮のバリアとして働く、いわゆる良い細菌や真菌も殺菌してしまうことが挙げられます。このバリア機能が低下するというのは、わりと致命的な問題だと思われます。

ですから、ピロクトンオラミンが配合されたシャンプーを購入する場合、人(頭皮)を選ぶと思います。頭皮が脂性の肌質の方やフケが多い方には有効に働くと思いますが、それでもある程度脂性やフケが改善されてからも使い続けるのは危険だと思います。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ