育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルメチルアラニンNaとは?

ラウロイルメチルアラニンNaは、パーム核油やヤシ油などの植物由来のものを加水分解し、蒸留精製によって出来たラウリン酸に、アミノ酸であるアラニンを結合させたナトリウム塩で、弱酸性の陰イオン界面活性剤です。 別名として、ラウロイルメチルβ-アラニンナトリウム液と呼ばれることがあります。

弱酸性なのに、適度な洗浄力と脱脂力をもち、クリーミーな泡立ちと爽快感のあるふんわりとした石鹸のような洗い上がりが特徴的で、アミノ酸系なので、安全性も高い成分となっています。また、金属封鎖効果もありますので、エチレンジアミン四酢酸(EDTA)を加える必要もなく、起泡力も高いですから増泡成分も不必要です。

ラウロイルメチルアラニンNaは、phの指数も肌や髪に近い値になっていて、低刺激ですから多くのアミノ酸系シャンプーに配合されています。ラウロイルメチルアラニンNaをアミノ酸系シャンプーに使うと、さっぱりとした洗い上がりになります。

通常アミノ酸系のシャンプーですと、洗い上がりはしっとりとしたものが多く、ふんわりとしたボリュームのある髪に仕上げたい人に適した洗浄成分となっているでしょう。ラウロイルメチルアラニンNaの最大の欠点は、配合すると価格が上がることでしょう。

アミノ酸系シャンプーに配合される成分の中でもかなり高価な部類に入り、アミノ酸系シャンプーが他の系統のシャンプーよりも高い価格になる一因になっていると考えられます。気になる毒性ですが、アミノ酸系洗浄成分として一番有名な成分なのかもしれないだけあって、とても安全性は高く、透明性で酸性のシャンプーにも適しています。

ラウロイルメチルアラニンNaは、その他にも洗顔クリーム基剤への溶解性から洗顔料、皮膚への感触やさっぱりとした洗い心地からボディソープにも使わられています。同等成分として、ラウロイルメチルアラニンTEA、ココイルメチルアラニンNaがあり、こちらもアミノ酸系シャンプーに配合されています。

育毛シャンプーの品質をおおよそ決定する洗浄(補助)成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ