育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ラウラミドDEA

ラウラミドDEAとは?

ラウラミドDEAは、別名ラウリン酸ジエタノールアミドと呼ばれる非イオン界面活性剤です。 ラウリン酸とジエタノールアミンを合成して作られたものが、ラウラミドDEAで、とても泡立ちが良く洗浄助剤、起泡剤として使われることが多いです。

ラウラミドDEAは、シャンプーに配合すると泡の安定性が向上したり泡立ちが良くなったり、粘り気が増したりする効果が得られます。ですから、あまり泡立ちがしないとされている無添加のシャンプーに配合されることが多いですし、耐硬水性や洗浄力も高めてくれるということで、洗い心地の良さの繋がりにもなっているでしょう。

期待されている効果・効能はそれだけではなく、皮膚に対しての刺激を緩和してくれるという作用も併せ持ちますので、洗顔料や高級なシャンプーに配合されていることも多いでしょう。もちろん皮膚だけではなく頭皮への刺激も緩和してくれていますし、植物由来の成分ですから界面活性剤でも安心して使用できる成分になっています。

また、コカミドDEAよりも高性能と言われていますが、しかし、このラウラミドDEAだけを配合してシャンプーは作られている訳ではありませんので、他の配合成分もよく確認しなければならないでしょう。

洗浄助剤、起泡剤として使われることが多いですから、ラウラミドDEAが配合されていると泡立ち、泡切れの良さが期待できます。ですが、この成分だけが配合されている訳ではなく、シャンプーは色んな成分が配合されて出来ていますので、組み合わせによってはあまり効果が期待できない場合があります。

ですから、育毛シャンプーを選ぶ時は、単純にその成分が配合されているというだけではなく、組み合わせも意識して確認しないといけないのです。育毛シャンプーの中のラウラミドDEAの役割は、頭皮と育毛剤をなじみやすくする役割を持っていて、育毛剤の成分は刺激が強いものが多いですから、頭皮の刺激を緩和する働きもあって、欠かせない成分とも言えるでしょう。

育毛シャンプーの品質をおおよそ決定する洗浄(補助)成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ