育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ココイルメチルタウリンNa

ココイルメチルタウリンNaとは?

ココイルメチルタウリンNaは、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウムという別名を持っているヤシ油と、タウリン誘導体の界面活性剤です。 陰イオン同姓界面活性剤であり、泡立ちが良くて刺激が少なく、文献によれば、アミノ酸系洗浄剤に分類されています。

別名として、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNaと表記されることもあります。ココイルメチルタウリンNaは、白色から黄色の粘性がある液体をしておりわずかな特異なにおいがします。

また、構成されているタウリンは、牛の胆汁に多く含まれているアミノ酸にとても近い物質になっていますので、陰イオン界面活性剤の中でもかなり低刺激で安全性が高いものとなっています。

配合される目的は、肌の汚れを取る事と泡立ちの良さで、合成界面活性剤や洗浄剤として、洗顔料、シャンプー、ボディソープ、石鹸に配合されています。洗い上がりはさっぱりしていて、仕上がりもふんわり、うまくまとまるという評価が一般的ですが、その分高価な成分となっています。

ココイルメチルタウリンNaは、アミノ酸系で刺激も少なく、毒性や副作用もあまり心配する必要はありません。 合成界面活性剤と聞くと、刺激が強く毒性があるとイメージしがちですが、ココイルメチルタウリンNaは何度も言いますが、アミノ酸にとても近い成分で性質も似ているので安心して使えます。

大きな特徴として、皮膚や頭皮への刺激や負担が少ないのにそれなりの洗浄力を持っていて、使い勝手が良い成分となっています。ココイルメチルタウリンNaよりも低刺激な洗浄成分は存在していますが、マイルドな洗浄力になっていますので、必要以上に皮脂を取り除くことがありませんから、洗い上がりが気になる人にお薦めできる成分です。

低刺激でさっぱりした洗い上がりと泡立ちも気にしたい人は、ココイルメチルタウリンNaのようなココイル系のアミノ酸シャンプーが良いでしょう。

育毛シャンプーの品質をおおよそ決定する洗浄(補助)成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ