育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ココイルグルタミン酸TEA

ココイルグルタミン酸TEAとは?

ココイルグルタミン酸TEAは、天然ヤシの脂肪酸と天然アミノ酸から抽出したココイルグルタミン酸をアシル化したトリエタノールアミン塩で、ヤシ油由来のアミノ酸系洗浄剤です。アミノ酸系の合成界面活性剤の中では、古い部類に入ると言われ、同等成分としてラウロイルグルタミン酸TEAが存在しています。

別名として、N-ヤシ油脂防酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミンと呼ばれ、水への溶解性があり、対硬水性、生分解性に優れています。他にもココイルグルタミン酸k、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEAとも呼ばれる場合があります。

ココイルグルタミン酸TEAの特徴は、とても低刺激で泡立ちも良く、洗浄力は強すぎず控えめでありマイルドに汚れを落としてくれます。肌に必要な養分や成分を残して、洗い落としてしまうことなく洗浄する成分となっていますので、安心して使えるものになっています。

髪の毛に対してだと、毛髪の保護、修復効果、吸着性もありますので、洗い上がりはしっとりしたものに仕上がります。 ココイルグルタミン酸TEAにはココイルグルタミン酸Naやココイルグルタミン酸kがありますが、それと比べるとさっぱりとしたタイプになっています。

肌と同じ弱酸性でありますから、使った感触も滑らかでとても安全性が高い洗浄剤と言えます。主に洗浄剤、ヘアコンディショニング剤、乳化剤として、化粧水、クリーム、洗顔料、シャンプー、ボディソープに配合されています。

その低刺激と安全性から敏感肌用やベビーケア製品に使用されることも多く、肌や頭髪に保湿感を与えてくれます。また、使い続けることによって健康的な頭皮と髪に近づくとされていて、育毛に適している洗浄剤になっています。

ココイルグルタミン酸TEAは、コストが高い成分にもなっていますが、低刺激で毒性や副作用の心配が少なく、育毛や安全性のことを考えているのなら絶対にあるに越したことがない成分です。

育毛シャンプーの品質をおおよそ決定する洗浄(補助)成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ