育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…コカミドDEA

コカミドDEAとは?

コカミドDEAは、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドの略であり、ヤシ油から作られる非イオン性の界面活性剤です。別名としてヤシ油脂肪酸ジエタノールアミンと呼ばれ、呼び名は複数ありますがどれも同じ意味で、ヤシ脂肪酸とジエタノールアミンを反応させて出来ます。

成分の特徴としては、クリーミーな泡立ちが代表的であり、洗浄助剤、起泡剤として、洗顔料、ボディソープ、シャンプーに使われる成分です。 特異臭があり、淡黄色から黄褐色の液をしていて、親水性増粘剤としてクレンジングに使われるケースや皮膚に対する刺激を緩和・抑制する働きもあるとも言われています。

コカミドDEAは、泡立ちを良くするためにシャンプーに配合され、泡の安定性、起泡、増粘などの効果・効能を期待して補助的な役割で配合されています。 通常に使用されている場合ですと何も問題はないのですが、その配合量の比率が高くなると髪の質感の低下の原因になると言われています。

また、滑らかでクリーミーな泡立ちが特徴的なコカミドDEAですが、最近ではより性能が良い起泡剤が色々登場しています。コカミドDEAの毒性ですが、1997年には発がん性の懸念が発見されています。ですが、この懸念は発がん性との因果関係がはっきりと証明されていませんので、安全なのか危険なのかは現在でも分からない状態になっています。

先ほどもありましたように、最近ではコカミドDEAよりも性能が良い起泡剤が登場していて、刺激も少なく安全性も高い成分がありますので、配合量の比率が多い物はなるべく使用しない方が良いかもしれません。それ以外にも、コカミドDEAは洗浄としての効果があり、人によっては向いたり不向きだったりする成分になっています。

単純に安全性を考えた場合ですが、それほど危険性のあるものではないですが、コミカドDEAを配合されている製品を購入する場合は、配合量をよく確かめてから購入できればベストでしょう。

育毛シャンプーの品質をおおよそ決定する洗浄(補助)成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ