育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…コカミドプロピルベタイン

コカミドプロピルベタインとは?

コカミドプロピルベタインとは、塩基性と酸性との両方の性質をもつ化合物である両性化合物(分子内塩)です。 代表的に、洗浄剤、帯電防止、皮膚や髪などのコンディショニング剤として使われることが多い成分となっています。

サトウダイコンまた別名として、ラウラミドプロピルベタインという名前を持っている両性界面活性剤です。コカミドとは、ヤシ油を酵素分解した時に得るヤシ油脂肪酸のことであり、ベタインはサトウダイコン(※右画像)からの天然由来成分で、この二つが結合したものがコカミドプロピルベタインなのです。

それに、ヤシ油脂肪酸のコカミドは、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸などの飽和脂肪酸が含まれていますから、無添加シャンプーに配合されることも多いです。

コカミドプロピルベタインは、天然成分を原料としているベタイン系の洗浄剤や界面活性剤でもあります。ベタイン系シャンプーは、天然成分由来なので、他のシャンプーよりも安全ですが、泡立ちはとても悪く、洗浄力も強くはないですけど、必要以上の脂分を落とすことなく洗えます。

またコンディショニング効果もあると言われる洗浄剤ですので、リンスやコンディショナーなどのコンディショニング剤やベビーシャンプーなどにも使われることがあるでしょう。

コカミドプロピルベタインを使用しているベタイン系のシャンプーは、他のベタイン系の物より洗い上がりもごわつくことはなくしなやかに仕上がります。ですから、ベタイン系シャンプーにはよくコカミドプロピルベタインが配合されているのです。

コカミドプロピルベタインは、洗浄力が過剰ではなく安全性も高いのですが、同時に目にも優しいと言われています。 その理由ですが、アレルギーの報告もないですし毒性もなく低刺激でありますから、ベビー用にも使われるようになっているのでしょう。

この成分は低刺激でアレルギーも少なく、皮膚にも良い成分でありますけど、発毛や育毛という観点から見ますと飽和脂肪酸が多く含まれていますので、表面の効果・効能ばかり見ずに使用している成分も見る必要があり、注意しないといけないでしょう。

育毛シャンプーの品質をおおよそ決定する洗浄(補助)成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ