育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは?

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは、炭素数14~16のα-オレフィンをスルホン化したアルキルスルホン酸のナトリウム塩の混合物です。まずオレフィンとは、オレフィン系炭化水素の略であり、プロピレン・エチレン・ブタジエンなどの高分子化合物である不飽和炭化水素のことです。

またスルホン化は、有機化合物合成反応のことで、石鹸やシャンプーなどの界面活性剤を作るためには、必要な反応となっていて、アルキルスルホン酸ナトリウムとは、合成洗剤などに使われる界面活性剤のことです。

このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、ラウリル硫酸Naに代表される硫酸系洗浄剤と変わらない強い洗浄力を持っていると言われています。 そのため、食器を洗う時の合成洗剤として使われることが多く、シャンプーや洗顔料に配合されている場合は、その洗浄力の強さから髪のパサつきや洗い上がりのごわつきが気になると思います。

また、タンパク変性作用を持っていますので皮膚への刺激も心配しないといけません。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの中には植物由来のものが存在して、旧指定成分ではないためにこの成分を配合しても「無添加」シャンプーとして販売している物もあります。

とても強い洗浄剤として知られるラウレス硫酸Naが配合されていないから、肌に優しいと思っても、このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが配合されているシャンプーはとても気を付けなければなりません。

そんなオレフィン(C14-16)スルホン酸Naでも、全面的に悪い訳ではなく、アミノ酸系のシャンプーに、薄く使うようにすれば、泡立ちや洗浄力をアップさせることができるのです。

アミノ酸系のシャンプーは、どうしても泡立ちが少なく洗い心地が悪いですから、少量この成分を足せば、爽快感を引き上げることができますので、サブ的に使えば有効になるのです。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが配合されているシャンプーは全面的に悪い訳ではないですが、その配合量も確かめる必要があるでしょう。

育毛シャンプーの品質をおおよそ決定する洗浄(補助)成分

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ