育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ローマカミツレ花エキス

ローマカミツレ花エキスとは?

植物名 ローズマリー
学名 Rosmarinus officinalis
科名 シソ科
和名、別名、生薬名 ローズマリー、マンネンロウ、迷迭香
育毛において期待できる効果・効能 消炎、収れん、血行促進、抗菌・殺菌、抗酸化

ローマカミツレ花エキスのシャンプーへの配合目的など

ローマカミツレ花エキスローマカミツレ花エキスは、キク科植物カミツレモドキ属の常緑多年草のローマカミツレの花から抽出して得られるエキスです。

ローマカミツレは別名としてローマンカモミールと呼ばれることがあり、ヨーロッパ原産で、6月から7月頃に白い頭花を咲かせます。

特徴として、葉や花にはほのかなリンゴの香りがあり、ヨーロッパの女性の髪の色がブロンドで輝いているのは、常にローマカミツレのシャンプーで洗っているからだと言われています。

また、フランスでは、薬用植物として、健胃剤、抗神経痛剤、解熱剤、消毒剤、強心剤などに使われています。 よく間違われることが多いのですが、カミツレとは異なっていて、カミツレの別名はジャーマンカモミールと言い、別の属になります。

ローマカミツレ花エキスは黄褐色の透明な液体をしています。 類似成分としてローマカミツレ花油があり、近くに生えている植物を元気にさせる効果を持っているので、植物のお医者さんと呼ばれる成分があります。この油は、肌にハリを与え肌荒れを防ぎ、どんな肌質に対応できるということで色々な化粧品に配合されていのす。

ローマカミツレ花エキスの成分は、カフェー酸、カマアズレン、フラボノイド類が含まれて 効果・効能は、抗菌効果、消炎効果、皮膚代謝促進効果がありますので、髪の毛の艶出し、育毛、フケや痒み防止の育毛剤やシャンプー、肌荒れ防止を目的とした化粧品に配合されることが多いです。

敏感肌や乾燥肌の人のための基礎化粧品に配合されることも多く、それ以外にも、薬用植物であるローマカミツレは、入浴剤やハーブティーとしても利用されることがあります。

天然由来の植物エキスですので、もちろん安全性は高く副作用の心配はありませんが、日本ではアレルギーの報告もありますので、合わない方はよく注意しておかないといけません。

シャンプーに配合されるローマカミツレ花エキスは、抗菌作用からフケや痒み防止で配合されると思いますが、一番の特徴は髪の輝きを増すために使用されているのです。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ