育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ローズマリーエキス

ローズマリーエキスとは?

植物名 ローズマリー
学名 Rosmarinus officinalis
科名 シソ科
和名、別名、生薬名 ローズマリー、マンネンロウ、迷迭香
育毛において期待できる効果・効能 消炎、収れん、血行促進、抗菌・殺菌、抗酸化

ローズマリーエキスのシャンプーへの配合目的など

ローズマリーエキスローズマリーエキスは、シソ科植物のマンネンロウの花や葉から抽出して得られる芳香性があるエキスとなっています。

地中海の沿岸地方の海辺に生息していることが多いマンネンロウは、ラテン語で海の雫という意味のロス・マリス(ros maris)という属名を持っています。

また中国では、ローズマリーの全草をメイテッコウ(迷迭香)と呼び、古くから強壮剤、頭痛薬、興奮剤として使われていたのですが、マンネンコウの漢字表記がこれに該当します。

ヨーロッパではロスマリン油として、化粧品の世界で汎用されていて、葉は、肉料理などの食用、薬用、観賞用と広い範囲で使われていた植物になっています。ローズマリーエキスの成分は、精油成分、ロスマリン酸、タンニン、フラボノイドなどを含んでいます。

神経疲労や胃痛、消化不良としても使われてきたマンネンロウですが、血行促進作用抗菌作用消炎作用抗酸化作用があることから化粧品としてニキビ予防、肌荒れ防止、エイジングケア、フケや脱毛の予防に使う化粧品類やスカルプケア商品に配合されています。

それ以外にも、収れん作用も強いですから、むくみを取ったり、肌を引き締めたりする働きもあり、幅広い使われ方をするエキスとなっています。

幅広い物に使われている訳ですが、どんな物に使われているかというと、滅菌剤、保護剤、緊張剤、皮膚コンディショニング剤、酸化防止剤があり、化粧品では、美容液、化粧水、ヘアカラー、ヘアスプレー、パーマネント剤、染毛剤などの多くの製品に使われているのです。

天然の防腐効果がありますので、最近ではパラベンフリーの製品に植物性の防腐剤としても配合されるようになってきています。また、最新の研究ではコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸を作り出す力を高める効果があると言われています。ローズマリーエキスの安全性は高く副作用の心配もありませんので、これだけの製品に使用されているのです。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ