育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ホップエキス

ホップエキスとは?

植物名 ホップ
学名 Humulus lupulus
科名 アサ科
和名、別名、生薬名 -
育毛において期待できる効果・効能 保湿、収れん、抗菌・殺菌

ホップエキスのシャンプーへの配合目的など

ホップホップエキスは、クワ科植物のホップの雌花穂から抽出するエキスです。ホップ原産地は、アジア西部からヨーロッパで、1875年から日本でも栽培が始まりましたが、夏の蒸し暑さに弱いために、北海道、長野県、山形県などで栽培されています。

また、ホップ抽出物には、ポリフェノールの一種であるホップフラボノールもあり、花粉症の症状の軽減に利用されています。 ホップエキスの成分は、ビールの苦味料として多くの方に知られています。

ビールの原料として知られているホップですが、ビールに使用されるものは、乾燥したものであり、ホップをビールに加える目的は爽快感のある苦味、泡立ち、透明感、品質のために入られています。

またホップの独特の苦みは、健胃薬として用いられ、消化不良や不眠症などに用いられます。その他にも、タンニン、フラボン配糖体、フムロンなどが含まれていて、鎮痛、利尿、神経性の症状の改善に使われていたようです。

効果・効能としても、抗菌保湿鎮静収れん作用がありますので、化粧品として使われることもあるのですが、エストラジオールという女性ホルモンと同じ活性型男性ホルモンDHTを抑える効果を持っていることからエイジングケア商品にも使われることがあります。

一般的には、皮膚軟化剤、鎮静剤、滅菌剤として使われ、引き締め作用や沈静効果からのニキビ予防が考えられるため化粧品としては、化粧水、ヘアトニック、シャンプー、トリートメントに配合されています。

このホップエキスは女性ホルモンと同じ効果を持つ特性がありますので、抜け毛予防の目的としても使われているようです。それに、髪を黒くするメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを活発させると言われ、抜け毛以外にも黒い髪の毛を手に入れたいと考えている人にも注目の成分となっているでしょう。

ホップエキスは育毛に向いた成分であり、強い黒い髪の毛にしたい人にも向いたものとなっています。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ