育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ベルガモット果実油

ベルガモット果実油とは?

植物名 ベルガモット
学名 Citrus × bergamia
科名 ミカン科
和名、別名、生薬名 -
育毛において期待できる効果・効能 抗菌・殺菌

ベルガモット果実油のシャンプーへの配合目的など

ベルガモット果実ベルガモット果実油はミカン科で、花と小さな実をつける柑橘類のベルガットから抽出した精油です。主にイタリア原産の常緑高木樹で、名前の由来は、イタリア語のベルガモ、または、トルコ語で「梨の王」という意味の「Beg armudi」から来ているとされています。

ちなみに、ベルガモットの果実は、飲料や生食されることはありません。 オレンジのような小さな果実からベルガモット果実油を抽出するのですが、爽やかな柑橘系の香りがして、アールグレイティーのフレーバーを付けるためにエッセンシャルオイルとして使用されます。

ベルガモット果実油に含まれる成分は、リナロール、酢酸リナリル、ベルガプテンであり、ハーブとしても使用されるのもあり、ストレス性のニキビや吹き出物に効果があると言われています。ですから、アールグレイティーを飲むと、爽やかな気分になると言われ、リフレッシュ効果にも期待できるでしょう。

その他にも、ベルガモット果実油は、殺菌作用があり、吹き出物がある頭皮や頭髪、脂性肌を改善してくれる働きがあります。 もちろん香りやリフレッシュ効果に特徴がありますので、デオドラント製品にも多く配合され、爽やかな気分にさせてくれるエッセンシャルオイルになっています。

注意して欲しい点ですが、シソ科に同名のベルガモット(別名タイマツバナ、モナルダ)というハーブがありますが、ベルガモットと良く似た香りがするという理由から同じ名前を付けられただけで別の植物となっています。

それとベルガモット果実油には光毒性がありますので、高濃度のエッセンシャルオイルを直接肌に付けて、多量の紫外線を浴びると皮膚にシミが出来てしまうので気を付けないといけません。

しかし、これを配合している化粧品は、低濃度に配合していますので、あまり心配する必要はないでしょう。ベルガモット果実油は、育毛剤やシャンプーに配合される場合もしばしばありますが、その殺菌作用よりも香料として配合されている場合の方が多いのではないのでしょうか。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ