育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…ヒノキチオール

ヒノキチオールとは?

ヒノキチオールは、ヒノキ科植物のヒノキの幹や枝や樹皮などから抽出できるアルコール成分の精油であり、合成して作られることもあります。 ヒノキ油や国産ヒバ油の中にも存在していて、収れん作用のある水溶性成分も含まれており、抗菌や育毛成分として知られています。

ヒノキチオールは、白色から黄色の結晶や結晶性の粉末やかたまりであり、においはヒバ特有の香気がして、フェノールに似た性質を持っていて、アルコールに溶けやすいのです。

抗菌作用を持っていますから、低刺激の防腐剤として使われることが多いのですが、近年では、それ以外の美白剤、育毛剤、香りによるリラクゼーション作用を活用した物など多方面な使われ方をしています。

その中でも特徴的なのが、森林浴効果があり、それに着目した使い方で、ハウスメーカーは、シックハウス症候群の緩和や対策のために、このヒノキチオールを配合している塗料や壁紙を開発を行なっているのです。

それ以外のアイデアとしても、防腐剤とでもあるヒノキチオールの精油を薄めてルームミストにすれば、加湿をして乾燥を防ぐのと同時に風邪ウィルスを予防できますし、歯槽膿漏や皮膚疾患の治療、結核菌殺菌作用の働きもありますから医療分野での活躍も期待され利用されているのです。

通常の利用方法は、もちろん化粧品類の防腐剤として使われ、フケや痒みの防止、毛髪の発育促進に利用するための育毛剤や養毛剤に配合されていることも多いでしょう。

化粧品に使用する場合でもヒノキオールの防腐剤の効果を必要としない物がありますが、そのようなものの多くは医薬部外品であります。 ヒノキチオールは、腐朽菌やカビに対して、活性がとても高く、合成薬に多い耐性菌が出来難いという特徴を持っていて、このように活用しやすい成分となっています。

ですから抗菌剤、デオドラントスプレー、ヘアコンディショニング剤、育毛剤、養毛剤、頭髪化粧品、石鹸、美白化粧品、フェイスパウダーなどに配合されているのです。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ