育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…タイムエキス

タイムエキスとは?

植物名 タチジャコウソウ(タイム)
学名 Thymus
科名 シソ科
和名、別名、生薬名 -
育毛において期待できる効果・効能 収れん、消炎、保湿

タイムエキスのシャンプーへの配合目的など

タイムタイムエキスは、シソ科植物イブキジャコウソウ属の茎、花、葉から抽出できるエキスです。別名ワイルドタイムと呼ばれ、タイムは、イブキジャコウソウ属の植物の総称で、タチジャコウソウ、ヨウシュイブキジャコウソウがエキスとして使われています。

北西アジアが原産になっており、植生に変化があり、地を這うように生えている芳香のある多年草になっています。

タイムエキスの成分はタンニン、フラボノイド、チモールなどを含んでいて、収れん作用消炎効果保湿効果があります。 肌のキメを整え保護をして、肌機能を正常にさせるために配合されることが多く、乳液、クリーム、洗顔料として使われています。

植物エキスの中で、皮膚のバリア機能に欠かせない成分である天然保湿因子の元になるタンパク質のフィラグリンの産生促進作用が一番優れていると言われ、肌本来の潤いを取り戻すのに、効果的ですから化粧品に欠かせないエキスとも言えます。

化粧品以外には、民間薬の応用として、消化器系の病気、呼吸器の感染症、うがい薬に用いられ、タイムの梢や油を鎮痙薬、駆風薬、苦味芳香剤として使う場合もあるでしょう。またパップ剤として、リュウマチの痛みや傷に外用として使用します。

タイムは、ハーブとして注目されている植物ですが、実験で濃縮したタイムエキスをマウスに経口摂取ささせたら、運動量や呼吸が低下したという結果がありました。

このような結果からある程度の危険性が見いだされ、過剰な摂取は避けた方が良いと言われていますが、ハーブティーなどを楽しむぐらいの一般的な量だと安全とされています。もし経口摂取するのであれば、1日2gまでが良いとされ、また濃度を下げないでタイムエキスを外用したり摂取したりすることはしない方が良いでしょう。

このように、天然由来の植物成分だからといって全く安全ということはなく、それぞれの毒性がありますので、配合量を見極める必要があるのではないのでしょうか。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ