育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…カワラヨモギエキス

カワラヨモギエキスとは?

植物名 カワラヨモギ
学名 Artemisia capillaris flower
科名 キク科
和名、別名、生薬名 -
育毛において期待できる効果・効能 消炎、保湿、収れん、抗菌・殺菌

カワラヨモギエキスのシャンプーへの配合目的など

カワラヨモギエキスカワラヨモギエキスは、キク科の多年草の植物であるカワラヨモギの花や茎や葉から抽出エキスとなっています。

この植物は別名としてインチンコウと呼ばれていて、カワラヨモギは海岸の砂地や川原に多く自生するヨモギという意味からそう呼ばれています。

中国の本草学の本である「神農本草経」には、長期間使用しても副作用がない薬という意味の上薬として収載されています。

漢方として2000年以上もの歴史があり、古くから強壮薬や黄疸の治療に用いられ、日本でも茵陳四逆湯や茵陳五苓散に配合され、伝染性肝炎や肝硬変などにも用いられていた植物になります。カワラヨモギエキスの有効成分は、タンニン、フラボノイド、β-ピネンやカピレンなどの精油を含んでいます。

この精油には、皮膚病原性真菌の発育を抑え殺菌する力を持っていますので、炎症性の皮膚疾患や痒い時に、民間療法として濃い内服用の液体を患部に塗ったり浴剤にして入浴すれば良いと言われています。

効果・効能としては、抗炎症作用抗アレルギー作用細胞修復胆汁分泌促進作用などを期待して、肌を清潔に保って、肌荒れを防ぐ目的として基礎化粧品に配合されることが多いです。それ以外にも、フケや痒みを防ぐ頭髪用化粧品にも適しいて、エキスの原液は黄褐色から茶褐色の液で、特異なにおいがあります。

カワラヨモギは、過去の農林水産省の発表によりますと、上記のような効果に加え、カビの繁殖や発がん物質を抑える抗菌効果が含まれていますので、乾燥肌やアトピーや湿疹の症状を持っている方にも使いやすい物になっています。

気になる毒性ですが、天然由来の原料になりますし、これといった毒性もありませんので安心して配合できます。

カワラヨモギエキスを単独で使用するよりも、甘草エキス、ゼニアオイエキスもチョウジエキスなどのハーブ系のエキスと一緒に配合することにより相乗効果が生まれ、美白成分としてのエイジングケアや肌を整える成分がより際立ちます。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ