育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…オタネニンジンエキス

オタネニンジンエキスとは?

植物名 オタネニンジン
学名 Panax ginseng
科名 ウコギ科
和名、別名、生薬名 チョウセンニンジン、朝鮮人参、高麗人参、人参
育毛において期待できる効果・効能 消炎、血行促進

オタネニンジンエキスのシャンプーへの配合目的など

オタネニンジンエキスオタネニンジンエキスはウコギ科の多年草であるオタネニンジンの根から取れるエキスで、薬用のオタネニンジンのエキスから得られるエキスです。

薬用で使われることが多いオタネニンジンは、コウライニンジン、チョウセンニンジンとも呼ばれ、中国東北部、ロシア沿海州、中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域で自生している植物です。

世界での生産量の70%以上が中国と韓国であり、日本国内では、江戸時代から栽培されていて、呼び方も韓国では、人参(インサム)と言われています。

よく知られ馴染みのある野菜のニンジンと混同しがちですが、そのニンジンは、セリ科の植物であり全く別のものとなっています。オタネニンジンエキスの主な成分は、アミノ酸、サポニン、ビタミン類、配糖体などが含まれ、薬用として滋養強壮、健胃の漢方として古くから使われることが多かったのです。

今では、精神安定作用やホルモンの分泌促進作用だけではなく数多くの化粧品に使われ、飲む化粧品とも言われています。 色は液体の場合黄褐色でエキス末は淡黄褐色から淡褐色、粉末は赤褐色から黒褐色になっており、特有のにおいがあります。

オタネニンジンエキスの効果・効能は、血行促進作用代謝促進作用があり、肌荒れ、小じわ、ニキビ、抜け毛、フケ防止を目的としている化粧品に配合されています。

その中でも肌のコンディショニング剤として使われることが多く、肌への作用や効果を高めるために、ジェルに配合され、美顔器やエステでのイオン導入で使われることが多いでしょう。

免疫力を高め、抜け毛の防止やフケ防止といった効果に加え、抗炎や保湿効果もありますので、育毛剤、コンディショナーなどのヘアケア製品にも配合されています。

オタネニンジンエキスはこれといった毒性はないのですが、原料であるオタネニンジンそのものが貴重で高価な植物ですので、このエキスを配合している化粧品やシャンプーはとても珍しいと言えます。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ