育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…フェノキシエタノール

フェノキシエタノールとは?

フェノキシエタノールは、グリコールエーテルと呼ばれるアルコールの一種で、溶剤として使われています。フェノキタシエタノールの効果・効能は殺菌効果ですので、シャンプーなどのヘアケア製品、化粧水などのスキンケア製品の防腐殺菌剤として使われています。

この成分は、緑茶やローズマリーなどにも含まれている自然の成分でもあるので、同じような役割で使われるパラベンよりも毒性は弱いですが、安全性の観点から化粧品での使用配合量は、1.0%までと決められており、殺菌効果としてもパラベンの方が高く一緒に配合されていることが多いでしょう。

フェノキシエタノールフェノキシエタノールはアルコールの一種で、旧表示指定成分に含まれませんが注意は必要であり、アルコールであるエタノールよりも刺激が弱くなっています。

成分表示では、PEと略されて表示されることがありますので覚えておくと商品選びの際に役に立ちます。フェノキシエタノールは、パラベンとの組み合わせで配合されていることが多いので、皮膚アレルギーを持っている方はあまり使用しない方が良いと思います。

またフェノキシエタノール自体は低毒性と言われていますが、アレルギー発症率や急性毒性が意外と高いというデータもあり、絶対的に安全だとは言えません。

このように低毒性と防腐効果がありますので、パラベンフリーとして販売している製品の多くは防腐剤として、パラベンの代わりにフェノキシエタノールが使用されていると思ってくれていいでしょう。

ですから、化粧品だけではなくスキンケア製品や石鹸でも、天然由来の成分配合でパラベンフリーとして販売されているケースはとても多く、イメージ的にも自然を押せるのでそのようになっていると考えられます。

天然由来の成分として、フェノキシエタノールは多くの製品に配合されていて、近年ではその毒性を疑問視されているようですが、配合濃度は低く設定され安全性を重視している製品はとても多いですから、そこまで心配する必要はないでしょう。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ