育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…エタノール

エタノールとは?

エタノールは、一般的にはアルコールという呼び名で浸透しています。専門的なことを言えば、一価アルコールという分類の溶剤になります。無色透明な液体で、独特の香りや焼けつくような味がします。

エタノールエタノールには、穀類の澱粉を発酵させて作る天然醸造アルコール、人工的に合成する合成エタノールがあります。この二つは、一見違うように見えますが、働きは同じで、製造過程が違うだけになっています。

エタノールの大きな特徴には、物質を溶かすというものがありますから溶剤に使われることが多く、主に消泡剤、粘度低下剤、可溶化剤、収れん剤としての役割があります。

また、清浄、殺菌、乾燥促進、収れんといった効果があるためローション、化粧水、ヘアスプレー、ヘアトニック、マニキュア、オードトワレ、フレグランス製品にも使われます。

化粧品から見て、エタノールの効果・効能である乾燥促進は、あまり歓迎したくない効果でありますが、さっぱり感、使用感、みずみずしさを上げる目的のためにも配合されているでしょう。

シャンプーにエタノールを配合する目的

シャンプーに配合されているエタノールは、主に爽快感清涼感のために配合されています。

無添加のシャンプーなどに配合されているエタノールの場合ですと、溶剤の役割として天然由来成分を混ざりやすくするために配合されています。

化粧品でもシャンプーでもそうですが、エタノールの濃度や量が多くなり過ぎると、効果・効能である乾燥促進が悪い方向に影響を与えてしまいます。

乾燥促進しますと、皮膚が弱い人なら痒みが発生したりかぶれたりしますし、体内にエタノールを蓄積させてしまうとアレルギーを発症してしまうなどのリスクも考えられます。

ですから、シャンプーや化粧品を選ぶ際は、エタノールが配合されているかも大事ですが、その量も確認しておいた方が良いでしょう。

また、配合量によって安定度や働きも変わりますので他に配合されている成分も影響を受けています。 ちょっとでも気になる方やアルコール過敏症の方は、エタノールが配合されている物を使用しない方が良いでしょう。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ