育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプー アロマシャンプーの全成分解説

毛髪大作戦 Growth Project. アロマシャンプー の全成分解説

毛髪大作戦 Growth Project. アロマシャンプーこのページでは、毛髪大作戦 Growth Project. アロマシャンプーの成分について徹底的に解説したいと思います。成分まで注目して育毛シャンプーを購入する人は少ないと思いますが、実は結構大切な情報です。成分一覧を見れば、育毛にとって効果が期待できるアイテムなのかどうか?が予測できるからです。

毛髪大作戦 Growth Project. アロマシャンプーの商品情報
価格 4,226円~ 内容量 330ml
使用量目安 2ヶ月 製造国 日本
販売元 株式会社エスロッソ
販売製造元 メディカルスペース株式会社

Grouth Project.アロマシャンプーの購入・詳細

Growth Project. アロマシャンプーの全成分

クリックするとその成分の解説が読めます。

ラウレス-4カルボン酸Na
ラウレス-5カルボン酸Na コカミドDEA
ココイルメチルタウリンNa ラウラミンオキシド
ココイルグルタミン酸TEA イソペンチルジオール
アセチルヒアルロン酸Na 水溶性コラーゲン
ポリクオタニウム-10 ラウロイルメチルアラニンNa
塩化Na ヒノキチオール
ポリクオタニウム-7 ユーカリ葉油
ポリクオタニウム-51 クオタニウム-73
グリチルリチン酸2K オランダカラシエキス
ゴボウ根エキス サボンソウエキス
セイヨウキズタエキス セージ葉エキス
レモン果実エキス BG
エタノール アルニカ花エキス
オドリコソウ花エキス ニンニクエキス
セイヨウアカマツ球果エキス ローズマリーエキス
ローマカミツレ花エキス センブリエキス
加水分解シルク グリコシルトレハロース
加水分解水添デンプン ベタイン
パンテノール プルラン
セラミド3 クエン酸
フェノキシエタノール メチルイソチアゾリノン
カラメル -

各成分の解説

名前 由来 配合目的
精製水 溶剤として。不純物のない精製された水。
ラウレス-4カルボン酸Na ヤシ油 洗浄剤(界面活性剤)として。植物由来のアルコールと酢酸(お酢の成分)から作られた洗浄成分。泡立ちと泡切れが良く、頭皮に対しても低刺激。
ラウレス-5カルボン酸Na ヤシ油 洗浄剤として。敏感肌の人には刺激がある可能性もあるが基本的に刺激が低い。
コカミドDEA ヤシ油 活性剤、増粘剤、起泡剤、洗浄剤として。他の界面活性剤の補助として配合され、刺激性が少なく安全性の高い成分。
ココイルメチルタウリンNa ヤシ油 洗浄剤、活性剤として。ヤシ油とタウリン誘導体という、老化対策に非常に有効な成分で構成されている。低刺激で泡立ちが良い。
ラウラミンオキシド ヤシ油 洗浄剤、ヘアコンディショニング剤として。洗浄力増強、泡の安定性向上になる。帯電防止効果もあり、肌に対して低刺激。
ココイルグルタミン酸TEA ヤシ油 洗浄剤、ヘアコンディショニング剤として。特徴として泡立ちは控えめで低刺激。マイルドに汚れを落とす。肌に必要な養分を残しながら洗浄できる。 髪への吸着性があり洗い上がりがしっとりする。
イソペンチルジオール - 保湿、抗菌、溶剤として。安全性が高い成分として注目されている。無色透明で無臭。
アセチルヒアルロン酸Na バイオ 保湿、保潤剤として。スーパーヒアルロン酸と呼ばれる、ヒアルロン酸をさらに進化させたもの。ヒアルロン酸の2倍の水分保持力がある。肌への馴染みが大変良い。角質を柔らかくし潤いを保つ。
水溶性コラーゲン ウロコアイザメの皮膚 保湿剤、保護剤として。このコーラーゲンはヒトの胎児蛋白質と同じ成分なので皮膚との親和性が高い。皮膚を再生し肌に安全。
ポリクオタニウム-10 トウモロコシ 帯電防止剤、皮膜形成剤、ヘアスタイリング剤として。透明でべとつきのないフィルムを作って、毛髪や皮膚に吸着して整える。すすぎ時に髪がきしんだり絡まったりしなくなる。
ラウロイルメチルアラニンNa ヤシ油 洗浄剤として。低刺激で安全性が高く、弱酸性で適度な洗浄力と脱脂力を持っていて泡立ちもいい。洗い上がりがさっぱりでしなやかふんわり仕上がる。高価な成分。
塩化Na 海水、岩塩 収れん剤、洗浄剤として。肌のキメを整えたり、毛髪キューティクルを整える。
ヒノキチオール ヒノキの樹皮 殺菌、防腐として。ヒバ特有の香りがある。毛髪の発育促進やふけ・かゆみ防止の効果も期待できる。
ポリクオタニウム-7 - 帯電防止剤、皮膜形成剤、ヘアスタイリング剤として。毛髪や皮膚に被膜を作り保護する。髪の毛のきしみを防いだり、泡質の向上、シャンプー後のあら居心地を良くする効果がある。
ユーカリ葉油 ユーカリ 抗菌効果、収れん効果、血行促進効果として。その他、涼感作用、消臭作用や、セラミドを増やす働きも確認されている。
ポリクオタニウム-51 - 皮膜形成剤、保湿、保潤剤として。低刺激で安全性が高い。表面をさらさらにコーティングし潤いを保つ。
クオタニウム-73 - 抗菌・帯電防止剤として。 アルコールなどにはよく溶け、水にはわずかに溶ける性質がある。強い抗菌性や防腐性があるため、皮膚の清浄、整肌、保護などの目的でも配合される。
グリチルリチン酸2K 甘草の根 保湿、消炎、鎮静、香味剤として。刺激感が強い成分を配合する時に、刺激による炎症を抑える目的で一緒に配合されることもある。
オランダカラシエキス オランダカラシ 血行促進効果、皮膚細胞活性効果として。アンチ・エイジング対策を目的とした化粧品にも配合されている。また、発毛促進作用もある。
ゴボウ根エキス ゴボウ 発汗作用、収れん作用として。フケ、脱毛予防効果もある。
サボンソウエキス サボン 発汗作用、収れん作用として。成分に発泡性のサポニンという成分を含んでいて、泡に優れた洗浄効果がある。滅菌性やトニック性もある。毛穴に詰まった汚れを除去し、皮膚や毛髪を清潔に保つ。
セイヨウキズタエキス セイヨウキズタ 発汗作用、収れん作用として。別名イングリッシュアイビー。緑褐色~褐色の透明な液体でわずかに特異な臭いがある。
セージ葉エキス サルビア 発汗作用、収れん作用として。その他にも。加齢やストレスなどによる様々なトラブルから肌を守る。
レモン果実エキス レモン 発汗作用、収れん作用として。ビタミンCの宝箱。メラニンの生成を防ぐ効果があり、古い角質や皮膚を除去する。
BG - 発汗作用、収れん作用として。1,3-ブチレングリコールの略。水に馴染みやすく、潤いを保ちみずみずしさを出す。
エタノール サトウキビ、トウモロコシ 溶剤として。アルコール成分の一つ。別名エチルアルコール、酒精とも呼ばれる。揮発性が強く、殺菌、消毒に用いられる。水で薄めて初めて殺菌効果を持つ。
アルニカ花エキス アルニカの花、根 抗炎症作用、抗菌作用、5-αリダクターゼ阻害作用として。肌荒れやニキビなどの肌トラブルを防ぐ目的の化粧品にもよく配合されている。
オドリコソウ花エキス オドリコソウの茎、葉、花 抗炎症作用、抗菌作用、5-αリダクターゼ阻害作用として。肌荒れを防ぎ、肌のキメを整える目的の化粧品にも配合される。
ニンニク 抗炎症作用、抗菌作用、5-αリダクターゼ阻害作用として。最も期待できる効果として、毛穴の洗浄効果がります。その他にもフケ、カユミを防ぎます。
セイヨウアカマツ球果エキス セイヨウアカマツの種子 抗炎症作用、抗菌作用、5-αリダクターゼ阻害作用として。主に髪の潤い成分や発毛・育毛・養毛の有効成分として配合される。
ローズマリーエキス マンネンロウ 抗炎症作用、抗菌作用、5-αリダクターゼ阻害作用として。フケや脱毛の予防効果も期待できる。
ローマカミツレ花エキス ローマカミツレ 抗炎症作用、抗菌作用、5-αリダクターゼ阻害作用として。ストレスの鎮静効果、消化促進作用もある。
センブリエキス センブリの全草 細胞賦活作用、血行促進として。細胞分裂の活性化が確認され発毛促進効果があることが確認され、育毛剤の有効成分として承認されている。
加水分解シルク 絹繊維 保湿効果、皮膜形成効果として。天然の保湿成分。 痛んだ髪を補修し、髪にハリとコシを与える。アンチエイジング効果もあり。
グリコシルトレハロース トウモロコシ 保水、保湿剤、細胞形成効果として。しっとりするのにべたつかないという使用感となる。
加水分解水添デンプン トウモロコシ 保湿剤、肌、髪の感触向上剤として。保湿性に優れている。その他、抗炎症、肌荒れ抑制、肌・髪の感触向上剤として、グルコシルトレハロースと併用されることがある。
ベタイン サトウダイコン 保水、保湿剤、保水剤として。トリメチルグリシンとも言う。肌をしっとりさ皮膚をなめらかにする。また、髪に艶を与え、髪の損傷を防ぎ、髪をしっとりさせる。
パンテノール 納豆、卵等 皮膚細胞の活性化効果、脱毛防止として。体の新陳代謝を活発にする働きがある。髪の毛の成長を促す。髪の毛への浸透率が高く早いので、切れ毛や枝毛のダメージケアにも効果あり。さらにストレス抗体作用もある非常に優れた成分。
プルラン トウモロコシ、じゃがいも、キャッサバ芋 結合剤、皮膜形成剤として。天然系の香りを持続させる効果がある。
セラミド3 - 保湿、エモリエント剤、ヘアコンディショング剤として。別名N-ステアロイルフィトスフィンゴシンと言い保湿効果に非常に優れている。
クエン酸 サツマイモのでん粉 ph調整剤、収れん効果として。
フェノキシエタノール - 防腐剤として。緑茶などに含まれる、天然物として存在する成分であり、パラベンなどと比較して毒性は弱い。指定成分では無い。
メチルイソチアゾリノン - 防腐剤として。強い殺菌性を持つ防腐剤。刺激が強く、残留すると肌荒れを起こす可能性がある。配合量は0.1%以下と定められている。
カラメル 水飴 着色料として。

Growth Project. アロマシャンプーに含まれている成分の総合評価

とにかく育毛にとって良いとされる成分がふんだんに含まれているのが評価できます。香料や着色料など、育毛にとって関係のない成分を排除し、やく30種類もの成分を厳選しています。

とくに注目したいのが、アロマによりリラックス効果を提唱しているところです。これは他の育毛シャンプーとは大きく異なる特徴で、育毛漢がウーマシャンプーよりもこちらを上位に置いている理由です。

メチルイソチアゾリノンがあるけど…?

このメチルイソチアゾリノンという防腐剤は、化粧品業界では結構賛否両論がある成分で、強い殺菌成分を持つ代わりに、残留すると肌荒れを起こす可能性があるというもので、実際に色々なブログやサイトでも、その危険性については言われています。

育毛漢の見解としては、シャンプーに配合されている場合はほとんど心配は要らないと思っています。というのは、化粧品だと肌に長時間付着しているので危険だという理屈だと思うのですが、シャンプーの場合、洗い流すものなので残留する可能性はほぼゼロに等しいからです。

特に育毛を意識すれば、どれだけすすぎが大事か分かっている人が多数でしょうから、ここにあるメチルイソチアゾリノンをはじめ、フェノキシエタノールなどの防腐剤は、逆にあった方が品質の面で安全だと思います。あくまで私見ですが。育毛漢が育毛シャンプーに望む一番のものは、その安全性ではなくて、育毛効果なので。

Grouth Project.アロマシャンプーの購入・詳細

当サイトでレビューしている人気の育毛シャンプーの全成分解説

プレミアムブラックシャンプー アロマシャンプー INZシャンプー ウーマシャンプー アルガンK2シャンプー
プレミアムブラックシャンプー アロマシャンプー INZシャンプー ウーマシャンプー アルガンK2シャンプー
モンゴ流シャンプー ラムダケア エクシィ スカルプD オイリー プログノ126EXシャンプー
モンゴ流シャンプー ヘアリプロ ラムダケア エクシィ スカルプD オイリー プログノ 126EXシャンプー

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ