育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…馬油

馬油とは?

馬油(ばゆ・ばあゆ)は、そのままの意味で馬の油であり、馬のたてがみ、頸部、腹部、つけ根、皮下脂肪などから採取できる脂肪油です。または、これらの部位を混ぜた物を圧して搾り、火にかけ煮たせて得られる油分になっています。

馬油は、古くから水虫、火傷、切り傷、肌荒れ、ひび、痔などの民間治療薬に使われてきました。

現在では、ニキビやアトピーなどの治療薬からシミ、そばかすの除去、育毛や養毛といったスキンケアやヘアケアなど全身あらゆる場所に使える成分になっている万能油です。

馬油の成分ですが、主に、オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸、パルミトレイン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、リノレン酸が含まれています。 効果・効能としては、抗酸化作用殺菌作用消炎作用血行促進保温といった多岐に渡るものですが、その中でも大きな特徴になるのが強力な浸透力です。

馬油は、牛の脂よりもパルミトレイン酸が多く含まれていますので、皮膚への浸透や吸収が良く、人の皮脂との脂肪酸の構成の比率が近いこともあり、ベタつかずしっとりとした潤いを素早く浸透させてくれます。

これは、オレイン酸などの人との親和性がとても高い不飽和脂肪酸が多く含まれているためであります。育毛の知識に明るい人であれば聞いた事があると思いますが、不飽和脂肪酸は育毛にとって大変重要な成分なのです。

馬油は、皮膚に油膜を素早く貼ることができるので、外部からの酸化を防ぎ、細菌を囲い込むことで殺菌をし、炎症を鎮めることができ、熱を取り去ります。

また、よく広がる性質がありますので広範囲に膜を作り、そのためマッサージ効果が得られますから血行に良く、同じ事が肌だけではなく頭皮にも血行が良いと言えます。

ウーマシャンプーは上質な馬油(こうね油)安全性の方ですが、馬は食用にもなりますし、この油を食べたとしても害はないので、毒性や副作用はほぼないと言えます。 肌との相性がとても良く、馬セラミドが肌の角質層まで浸透し、これらの働きをして、脂質を補ってくれますからとても肌に良い成分となります。

健康食品、化粧品などの美容製品、ヘアケア製品とたくさんの種類の馬油商品があり、効果もさまざまで、活用のし甲斐がある成分です。

因みに、当サイトでおすすめとして紹介しているウーマシャンプーは、上質な馬油である「こうね油」をふんだんに使用しています。商品名の由来も馬(ウーマ)から来ていますね。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ