育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…黒砂糖

黒砂糖とは?

黒砂糖黒砂糖は、イネ科のサトウキビ属の植物であるサトウキビを搾り、その汁を煮詰めて作る黒褐色の砂糖です。

その他の呼び名として、黒糖(こくとう)、マスコバト糖や産地である奄美大島の名前から大島糖と呼ばれることもあります。

黒砂糖にも種類が存在して、上記のようにサトウキビの茎から取れる一般的に黒糖と呼ばれるものが、念蜜糖というものに当たります。

その黒糖に、糖蜜や素クロースなどを加えて成分や味を調整した物やザラメに混ぜて再製糖したものが、加工黒糖というものになります。

因みに、念蜜糖と加工黒糖、どっちが本来の黒砂糖か分からないので、商品表示で「黒糖」「黒砂糖」と表記できるのは、サトウキビの搾り汁を使った商品だけに限定されています。ザラメなどが混ぜった商品は加工黒糖と表示されています。

てんさい糖について

てんさい糖もう一種類の黒糖がありまして、それはアカザ科フダンソウ属の二年生の植物のテンサイから精製される「てんさい糖」です。

テンサイは、サトウキビと並んで砂糖の主要原料となっています。 黒砂糖は、甘さは濃厚で強い風味があり、不純物が多いために加工された砂糖にはみられない栄養素を含んでいます。

どのような栄養素が含まれているかというと、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類やビタミン類などです。

当然これだけ栄養素が入っていれば、健康にも良いのですが、ミネラル類は、毛髪を構成しているアミノ酸に働きかける力がありますので、育毛シャンプーに使われることもあります。

育毛シャンプーに使われる黒砂糖の期待される効果・効能

育毛シャンプーに使われる黒砂糖は、炎症や肌荒れを防ぐ力だけではなく、たんぱく質の変性を抑える効果もあり、幅広い効果をもたらしてくれます。

黒砂糖は糖類ですから、エネルギーとなり、脳の活性化になり、カリウムが多い弱アルカリ性食品でもあります。

疲労回復にも役立ち、白糖よりもカルシウムが多く、血糖値の上昇も緩やかで、ミネラル類により抗酸化作用もあり、バランスの良い健康的な健康食品でもあるのです。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ