育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…クエン酸

クエン酸とは?

クエン酸は、天然に広く存在している有機酸の一種です。 梅干やレモンやミカンなどの柑橘類に含まれていることで、一般的にも有名で多くの方に認知されている酸味成分になります。

原料は、でんぷん質などの糖質を発行させて製造していて、無色透明または白色の結晶、粉末、粒といった形状をしています。

このクエン酸を摂取することで、体内に疲労物質が溜まりにくくなり、疲労回復を促してくれるので、スポーツ飲料に使用されている事は、広く認知されています。

また、生体内でも重要な役割を持っている生体成分で、安全性も高いですから食品添加物に使用されています。幅広く化粧品類に配合されている成分であって、主に肌の調整や健康を目的として、酸化防止剤ph調整剤キレート剤収れん剤の役割で配合されています。

因みにキレート剤といのは、金属イオンによって製品の品質や性能が落ちないようにするために使用されたりします。

育毛シャンプーにクエン酸を配合する目的

ハミガ粉に含まれるクエン酸化粧水には欠かせないクエン酸ですが、もちろんヘアケア製品にも同じような目的で配合されていて、基礎化粧品、ボディソープ、シャンプー、リンス、歯磨き粉などにも用いられています。

クエン酸の役割はそれだけではなく殺菌効果があり、体内でのエネルギー代謝の働きを活性化させる効果も期待できます。

そのような効果を持っているクエン酸は、体内で分解されますと血液がアルカリ性となって痛風の原因になっている尿酸を溶かしてくれるのです。

クエン酸は、副作用の心配がなく、安全性が高く、肌をこすらずにピーリング効果を与えてくれる成分ということで、注目を集めています。

当然のように弱酸性ですので、皮膚や頭皮との相性も良く、アルカリ性である石鹸系シャンプーを使用した後のクエン酸リンスは欠かせないものと言っても過言ではありません。

また、クエン酸を用いて気軽に手作りで化粧品などを作る方も多く、身近にあるレモンやミカンなどの柑橘類から取れる成分でもあり、それを代用として使うも多いです。

クエン酸は食用にもなり化粧品にもなり掃除用品にもなり、活躍の幅が広いマルチな成分と言えます。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ