育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプーの成分解説…イソペンチルジオール

イソペンチルジオールとは?

イソペンチルジオールは多価アルコール(分子中に水酸基…OHで表される原子団…を2個以上もつアルコール。と言ってもピンときませんよね。汗)に分類されている成分です。成分名の表記では、3-メチル-1,3-ブタンジオールと呼ばれています。

また、イソペンチルジオールは、クラレのイソプレングリコールの表示名称となっていますので、成分表示で確かめるのも良いかもしれません。

資生堂の「TSUBAKI」シリーズやユニリーバ・ジャパンの「DOVE」シリーズ因みに、イソプレングリコールは資生堂の「TSUBAKI」シリーズやユニリーバ・ジャパンの「DOVE」シリーズに使われている成分であります。

安全性が高く、保湿性、抗菌性に優れていて、無色透明で無臭な成分となっています。無臭で透明ですから、他の成分と組み合わせがしやすく、その効果・効能も期待できます。

しかし、それよりも溶剤として使われることが多い時があります。イソペンチルジオールは、基礎化粧品、シャンプー、トリートメント、白髪染めに配合されていることが多い成分となっています。

特に、白髪染めには、このイソペンチルジオールは、必ず配合されているのではないかという程使われています。 先ほど上記に書いたように、白髪染めに配合される時は、溶剤としての役割が大きく、ついでに髪の毛を菌から守り、保湿をしてくれるとても優れた成分と言えます。

育毛シャンプーへの配合目的

白髪染め以外の化粧品類やシャンプー、育毛シャンプーへの配合目的は、保湿剤コンディショニング剤防腐剤としての役割で配合されます。

イソペンチルジオールはさらに、髪のキューティクルを補修してくれるので、コンディショナーに使われることもあります。溶剤としての役割もありますから、化粧品類以外にもトイレタリー分野(身体の洗浄や身嗜み、嗜好などを目的とした商品分野)にも使われる成分となっています。

また、イソペンチルジオールの大きな特徴として、低刺激であり低温でも性能が良い所が挙げられます。ですから、凍結防止用に配合されている場合もあります。

安全性についてですが、毒性は全くないことはないですが、比較的安全性は高いものとなっていて、医薬部外品原料規格に適合していて評価されている成分でもありますので、安心して使える部類に入ります。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ