育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプープログノ 126EXシャンプーを斬る!!育毛漢の評価・感想を交えて

プログノ 126EXシャンプー(当サイト育毛シャンプーランキング9位)

水道橋博士の育毛シャンプー プロピア プログノ 126EXシャンプー

プログノ 126EXシャンプーご存知水道橋博士の育毛シャンプーとして人気のプログノ 126EXシャンプーになります。実は育毛漢は水道橋博士の結構なファンで、よく「博士の異常な鼎談」とか「博士のニッポンのウラ」とか録画とかして超観てました。

プログノ 126EXシャンプーの商品情報
価格 2,992円 内容量 200ml
使用量目安 1ヶ月 製造国 日本
販売元 株式会社プロピア
販売製造元 株式会社プロピア

プログノ 126EXシャンプーの購入・詳細

プロテイン配合というのが最大のウリだけど…。

高濃度配合のプロテインでしっとり包んで潤いを与える

まず、プログノ 126EXシャンプーの売り出し方として最も前面に押し出しているのが、プロテイン配合という点です。実はプロテインプロテインと言いますが、これはタンパク質の事です。英語でプロテイン(protein)は、タンパク質です。また、実際に表示成分で言えば、加水分解コラーゲンの事をプロテインと称しているに過ぎないという事実が判明しました。

加水分解コラーゲンの配合されているシャンプーなんて、育毛シャンプーというジャンルでなても数え切れない程あるのですが…。育毛漢が高評価しているジザニアYシャンプーにも配合されています。もっとも加水分解コラーゲという成分は非常に育毛にとって良いものですから批判しているわけではありません。プログノ 126EXだけが専売特許ということではない、という事です。

プロテインの髪の毛に与える効果髪の毛の主成分はタンパク質です。これにプロテインを贅沢に配合したこのシャンプーを使用し、洗髪してプロテインを髪の毛に浸透させるという発想から、このプロテイン配合というアイディアで商品の開発をしたそうです。

実は、傷んだキューティクルからは、髪の主成分プロテイン(タンパク質)が流れ出してしまっています。これが髪の毛のハリ、ツヤ、コシを失わせる原因となっていて、結果的に頭皮の活性も弱め、育毛に最適な頭皮を維持できなくなります。このような仕組みに待ったをかけるのがプロテインということです。

プログノ配合プロテイン(加水分解コラーゲン)の特徴

臭いがしない。 育毛に対するる有用性が認められながらも、これまで独特の「臭い」が仇になりシャンプー等への配合が困難だとされてきたプロテインの臭いを、独自の配合バランス・製法で無臭化に成功しています。
頭皮に浸透。 一般的にタンパク質は消化が難く分解し難いとも言われていますが、プログノ 126EXに配合した状態のプロテインはしっかり表皮に浸透します。
使用期限がある。 頭皮と同じph値(5.3〜6.3)の弱酸性ですのでシャンプーとしてはとても早めの使用期限を設定しています。(一度開封したら2ヵ月で使い切ることを推奨)そのため大量生産による作り置きができず、一度に決められた少しの量しか生産していないというデメリットがあります。

ステビア発酵エキスとナノ化スフィンゴミエリンの方が注目すべき成分!!

栄養成分を同時に浸透、髪に嬉しい美成分を晋配合

ステビア発酵エキス

ステビアステビアを独自の発酵法により生産・精製されたステビア発酵エキスを配合し、ふけ・かゆみを抑えます。ステビアとは、南米はパラグアイ原産のキク科の植物になります。日本でもステビアは浸透していて、ステビアの葉の部部が甘味料として広く使われていますが、近年、ステビアの茎部分には素晴らしい力があるという事が判明し、一躍話題になりました。

ナノ化スフィンゴミエリン

髪の毛を構成しているセラミドのほとんどにおいて、スフィンゴミエリンという成分が作り出すセラミド2とセラミド5から成り立っています。プロピアで取り扱うスフィンゴミエリンは肌への優しさにこだわり、天然のミルクを原料としています。そしてプログノ 126EXシャンプーには、そのスフィンゴミエリンをリポソーム(マイクロカプセル)にしたスフィンゴミエリンリポソームとして配合しました。これをナノ化と言いますが、この技術を用いて奥深くまでスフィンゴミエリンが浸潤できるのです。

プログノ 126EXというシャンプーは実は評価が難しい。

プログノ 126EXシャンプーは当サイトで紹介している育毛シャンプーの10商品の中でも、ちょっと比較対象としては難しい育毛シャンプーです。というのは、大抵の育毛シャンプーというのはセオリーとして「植物由来の天然成分」を多く配合させ、その中の一つにフォーカスして差別化をはかり商品を売り出す、または、成分の効果効能とは違ったポイントでセールスポイントを探している商品が殆どだからです。

プログノ 126EXシャンプーに関しては、育毛シャンプーのセオリーである植物由来の天然成分を全くと言っていいほど配合していないのです。髪の毛へのアプローチ方法が他の育毛シャンプーと全く違うので、正直どう評価していいのか分からないというのが、育毛漢の正直な感想です。

ただ、販売ページその他で調べた限りでは、プロテインをはじめ、ステビア発酵エキス、ナノ化スフィンゴミエリンといった成分は、しっかりとした効果効能を期待できそうで、実績もあるようです。

とりあえず気になるのは、プロテインの無臭化に成功した、と謳っていながらも、しっかりと香料を配合している点です。この香料というのは、髪の毛・頭皮にとってはメリットの見出せない成分なので、配合する理由は無いと思われる成分だと思います。

株式会社プロピア事実、当サイトでレビューしている全10種の育毛シャンプーの中で唯一香料が配合されているのが、このプログノ 126EXシャンプーでした。やはり無臭化というのは、現実的には、プロテイン基準ではかなりの無臭化はできたけれど、人間が嗅いで不快ではないレベルの臭いまでには消せなかったのではないでしょうか?例えるならくさやの干物の臭いから、納豆の臭いまで弱まった、みたいな感じで。

そういった事情もあって、育毛漢のランキングでは9位(ブービー)にしているのです。もしかしたらベスト3圏内に入るべき育毛シャンプーなのかもしれない、という期待感がある商品です。

因みに最初の商品情報の項で、販売製造元に株式会社プロピア「?」というように記載しましたが、これはボトル、箱両方を確認しても、販売元と製造販売元の明記がなく、ただ「株式会社プロピア」とだけ書かれていたためです。

こういったパターンは実は初めてで、これっていいのかな?と思いましたが、とにかくこの記載だけでは何について株式会社プロピアなのか分からないので?にしています。おそらく99%製造も行っているでしょうが。

プログノ 126EXシャンプーの購入・詳細

市販の育毛シャンプーを斬る!! 育毛漢独自の切り口で評価をします!

プレミアムブラックシャンプー アロマシャンプー INZシャンプー ウーマシャンプー アルガンK2シャンプー
プレミアムブラックシャンプー アロマシャンプー INZシャンプー ウーマシャンプー アルガンK2シャンプー
モンゴ流シャンプー ラムダケア エクシィ スカルプD オイリー プログノ126EXシャンプー
モンゴ流シャンプーEX ヘアリプロ ラムダケア エクシィ スカルプD オイリー プログノ 126EXシャンプー

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ