育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

合成界面活性剤が全て危険というのは間違い

シャンプーの主成分は界面活性剤から構成されていて、市販されている物のほとんどが合成界面活性剤になっています。合成界面活性剤というのは、化学的に作られた界面活性剤であって、環境に優しく刺激が少ない石鹸も合成界面活性剤の仲間になります。

合成界面活性剤があれば、天然の界面活性剤もあるのですが、まず界面活性剤とはどんな存在なのでしょうか。

界面というのは表面という言葉の意味で、水と油のように、混じり合わない二つの物質の間には界面があります。界面活性剤は、この混じり合うことがない水と油の二つに馴染みますから、脂が汚れを取り、水でそれを洗い流すという役割を持っているのです。

そして、天然の界面活性剤ですが、大豆や卵黄に含まれているレシチン、ムクロジの実やサイカチ、サヤなどの植物に含まれているサポニンなどがそうです。

天然の界面活性剤はどんな物かと言いますと、例えば卵黄のレシチンの場合、マヨネーズは油と卵の成分が主成分ですが、このレシチンの働きによってこの2つが混ざりマヨネーズとして存在しているのです。

このように天然のものがありますが、これだけではシャンプーを構成することはできず、何かしらの洗浄成分を配合しないといけません。

また、これらの成分はとても希少なものでありますから、製造されたとしてもコストが高く、価格も高いものになってしまいます。

合成界面活性剤の種類と育毛に適した界面活性剤

合成界面活性剤についてですが、これにも種類がたくさんあります。

基本的なものとして、石油から作られる物や天然成分であるコラーゲン、アミノ酸、タンパク質から作られる物あります。その作られた界面活性剤は、色々な使われた方ができ、乳化剤、保湿剤、紫外線分散剤、洗浄剤と応用が利く成分となっているのです。

一般的によく見掛ける天然界面活性剤というのは、天然由来の合成界面活性剤という意味と思ってもらっても良いでしょう。ですから市販されている物のほとんどは、天然ではなく天然系のシャンプーということを覚えておいて下さい。

このことが何を表しているかと言いますと、合成界面活性剤全てが悪い物ではないということです。

合成と聞くと悪いイメージがありますが、その名前ではなく中身が大事で、由来であるかが大切なことなのです。天然由来で作られた物でも石油由来で作られた物でも同じ合成界面活性剤ということです。

同じ合成界面活性剤ということで、商品を購入する時にこの2つを見極める必要があります。 石油由来の合成界面活性剤の主な成分は、パッケージやラベル裏に下記のような成分が書かれています。

その成分は、「ジステアリン酸エチレングリコール」「ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液」「ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩(AES)」「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム」「ラウリル硫酸Na」「ドデシル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸Na」「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム」などです。

このような成分が配合されているのなら石油系のものであり注意する必要があります。

一方の天然由来系の界面活性剤には、下記のような成分がパッケージやラベル裏に書かれています。 その成分は「アシルグルタミン酸」「ココイルタウリンNa」「ココイルメチルタウリンNa」「ラウロイルメチルアラニンNa」などです。

これらは天然由来の成分の一部ですが、その中でも比較的安全と言われているアミノ酸系に配合されている成分になります。

という事で、合成界面活性剤は全て悪いわけではなく、その中身が重要です。シャンプーを購入する時は、必ずパッケージやラベル裏の成分表示を見て、上の成分の有無をチェックしてみて下さい。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ