育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

オーガニックシャンプーという言葉の「響き」に騙されない!!

最近ではオーガニックという言葉をよく聞くようになりました。もちろんシャンプーにもオーガニック製品は存在して、数多く販売されていますが、オーガニックとは一体何でしょうか。世間一般では、漠然と『自然に良さそう。』『安心安全だ。』というイメージがありますよね。

しかし、実際のところ詳しい所までは知らない人が多いのではないでしょうか?分からないまま使用するのは怖いですから、オーガニックシャンプーについて色々と調べてみました。

まず基本的な事ですが、オーガニックの意味は有機栽培になります。有機栽培とは、化学肥料や合成農薬に頼ることなく、有機肥料などを用いて豊かな土壌を使用して栽培する農法のことであり、これにはある基準があります。

その基準ですが、「農薬禁止」「化学肥料禁止」「肥料を使用するのなら有機肥料のみ」の三点で、正式なオーガニック製品として販売するためには、国際基準の資格を持っている第三者機関による認証が必要になります。

第三者機関の認証が必要なのですが、その基準内容は色々あり、その一部を紹介したいと思います。

まず「遺伝子組み換え原材料禁止」「放射線照射禁止」「合成添加物の使用制限」「化学肥料・農薬禁止」「化学薬品禁止」「重金属禁止」といったことが挙げられます。 他にも「3年間化学肥料や農薬を使用していない土地での栽培」「栽培により環境を破壊してはならない」といった基準もあります。

第三者機関によっては基準が異なることがありますが、だいたいこのような基準で運営されています。

日本の場合ですと、有機農産物は細かい所までしっかりと定義されています。1999年に品質表示基準制度から成っているJAS法の改正という出来事があり、登録認定機関の認証を受けないとオーガニックや有機と表記して販売できないという決まり事ができました。

オーガニックJASマークこの認証を受け認定を貰った農家が栽培し生産した農産物は、オーガニック農産物として販売できるようになり、その証拠としてオーガニックJASマークを付けることができ、目印になるのです。

つまりオーガニックシャンプーとは、有機栽培された原材料のみを使ったシャンプーとなります。しかし、シャンプーには天然素材だけでは成り立たない要素があります。

それは、洗浄力であり、泡立ちであり、防腐効果であり、さまざまな役割があり、小麦粉を溶かしてそれで洗うといった特殊な方法でない限り難しいことであります。

日本では何をもってオーガニックシャンプーなのか?が不透明

そんな状況で、オーガニックシャンプーはどのようにして成り立っているのか気になるのですが、まず厳然たる事実として、日本ではオーガニックシャンプーを作る基準がないのです。

オーガニックの生産をする基準があっても、シャンプーの製造にはなくメーカーが独自で製法していることになります。つまり、何をもってしてオーガニックと決めているのはメーカー次第なのですが、洗浄成分にヤシ油を使ったり、有機栽培された植物原料を少しだけ配合していたりと、基準は全くバラバラです。

上記のように、洗浄成分までこだわって製造しているメーカーなら良いのですが、少しだけ植物由来のエキスを配合しているだけで、オーガニックシャンプーと謳っている普通のシャンプーも存在しているようです。

このような基準がありますから、どんなオーガニックが配合されているかというより、洗浄成分や防腐成分、泡立ちの良さなどを確認した方が良いでしょう。

これらがしっかりと製造されて、オーガニックで出来ているのなら、良いシャンプーなのかもしれません。 オーガニックの人気は、産地偽証、原発事故、海外での農薬問題などにより認知されてきていますが、まだまだ普及に至るまでの浸透はしていません。

その証拠として、オーガニックの製品は、海外の製品ばかりになっています。この海外産の物は日本向けに作られた物ではない物ばかりですし、強い成分が多いですから肌質に合わない恐れがあります。海外でも基準が一定になっていないでしょう。

ですから、このような現状を考えれば、オーガニックシャンプーを購入するにしても、その中身である洗浄成分についての知識を深め、防腐成分の事や、泡立ちの良さなど確認してから購入するべきでしょう。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ