育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

頭皮にとって最適なシャンプー洗浄剤(界面活性剤)はどれ?

育毛するにあたり、重要な育毛アイテムであるシャンプーに配合される洗浄成分は、どんなものが良いのでしょうか。シャンプーの品質は即ち洗浄剤(界面活性剤)の品質だからです。

という事で、育毛にとって最適な洗浄剤や洗浄成分を紹介していこうと思います。

まず最初に紹介したい成分は、アシルグルタミン酸です。 脂肪酸塩化物であるステアリン酸とグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸などの有機化合物にアシル基を導入するアルカノイル化して得られる陰イオン(アニオン)界面活性剤の主な原料がアシルグルタミン酸なのです。

この陰イオン界面活性剤ですが、全ての洗浄剤の約半分を占める割合で使われる合成洗剤で、マイナスを帯びているから陰イオンであり、プラスを帯びている埃や皮脂、フケなどを洗い流してくれるのに役立つ界面活性剤なのです。

アシルグルタミン酸の話に戻りますが、陰イオン界面活性剤は洗浄力が強いため刺激が強いと言われていますけど、この成分は、粘膜や皮膚に対する刺激は少ないです。

アミノ酸系の成分ということで、洗い上がりや感触もマイルドですし、安全性が認識できますから敏感肌や乾燥肌用の石鹸やシャンプーによく使われています。

その次に注目して貰いたい成分はココイルメチルタウリンNaです。

天然系合成界面活性剤で、タウリン誘導体とヤシ油で構成されている成分です。泡立ちは良いのにとても低刺激ということで、安全に使え、洗い上がりもさっぱりしながら髪の毛のボリュームも満足に仕上がります。

合成界面活性剤なのですが、タウリンはアミノ酸に近いとても高価な成分でもあり、資料や文書によっては、アミノ酸系洗浄剤とされていることもあり、育毛に最適な成分と言えます。

もうひとつ、ラウロイルメチルアラニンNaという成分も良いでしょう。

弱酸性で低刺激であり、安全性が高いアミノ酸系の天然系合成界面活性剤です。アミノ酸系ですが、脱脂力も洗浄力もそれなりにあり泡立ちも悪くありませんし、洗い上がりもさっぱりとしてしなやかです。

髪のボリュームも潰れることなくふんわりに仕上がり、その分アミノ酸系の中でも高価な成分とされています。

高価な成分ということで、育毛シャンプーの主剤に使われることは滅多にないのですが、一番最初に紹介したアシルグルタミン酸よりも低刺激になっていますので、ベビーシャンプーに使われることが多いです。

また、刺激緩和剤として界面活性剤に配合されるケースもあり、同等成分としてラウロイルメチルアラニンTEAが存在します。

このような洗浄成分が育毛に最適になっていますので、育毛シャンプーを購入する時に、成分表で確かめてみると、レベルの高い商品選びが可能になります。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ