育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

シャンプーに含まれる香料の安全性について

シャンプーの香りを気にしている人はどれくらいいるでしょうか。人によっては『人工的な匂いは嫌だ!』という人から、『シャンプーの香りがないとさっぱりした感じ、しっくりとした感じがしない…。』という人がいます。

このように、シャンプーの香料は人の好みにもよるのですが、ここでは香料の安全性について考えたいと思います。

市販されているシャンプーのほとんどが香料によって香り付けされています。 好みの問題もありますが、今増えてきているのが「無香料」のシャンプーで、育毛専用の物や高価なシャンプーにその傾向があります。

育毛シャンプーや高価な物にその傾向があるということは、『健康や頭皮によくないから。』と想像してしまいますが、実際の所はどうなのでしょうか。実際は悪くないのに悪い物扱いされているシリコンのように扱われているのでしょうか。調べてみました。

香料についての認識や考え方

良い物か悪い物かの結論を出す前に、香料についての認識や考えをまとめておいた方が良いでしょう。

香料には、天然の物と合成の物があります。

天然香料は植物より抽出された樹脂や精油から出来ており、中にはジャコウジカの腹部から得られる麝香(別名ムスク)などの動物性の天然香料もあります。

動物性の天然香料は、動物の個体数も減っているということで、今ではあまり使用されることはなく、合成の香料で代用されています。天然香料は、もちろん自然の成分ですので、合成香料よりも健康に良い訳ですが問題点も少なからずあります。

その問題点は、自然の農産物が原料なので無限に生産できることが出来ませんし、取れる量に対して抽出できるエキスや香料はかなり少ないので高価になってしまう、という事が挙げられます。

また、産地の気候によって品質が安定しないこともありますし、自然災害なども含め収穫量が増減する場合がありますので、価格も安定していないことが大きいでしょう。

一方の合成香料ですが、天然に存在しないけど香料として使える化合物と天然香料の中にある成分を化学的に合成したものであります。化学合成されていることからアロマケミカルと呼ばれることがあり、単一の化合物からなっていますから単品香料とも呼ばれます。

天然香料と合成香料がありますが、一般的にはこの二つを色々調合して出来た調合香料が香料と言われています。

また、呼び名や種類として、ジュースやガムなどの食品系はフレーバー、シャンプーや化粧品類に香りを付けるのはフレグランスと分けられているのです。

シャンプーなどに香料を配合する目的は、消費者に対して、良い香りを感じてもらうために配合することが多く、原材料の臭いを消すためにも含まれることがあります。

昔から日本や世界では、香料は良い香りを付けるというのではなく、嫌な臭いを消すものとしての役割が大きく、香水などが使われ発達してきました。

嫌な臭いを消す=良い香りを付けて消すということで、消臭アイテムが開発されてきた背景があります。生活をしている中で、何も臭いがしない物を探すのは大変なことです。

ですから、シャンプーで無香料として販売されていても、原材料や何かしらの臭いや香りはあります。

シャンプーに含まれる香料の安全性ですが、化学合成芳香剤のイソオイゲノールオイゲノール桂皮アルコール桂皮アルデヒト安息香酸は、皮膚から吸収されるとアレルギー反応を起こす可能性があると言われています。

また、化粧品でかぶれることがあると思いますが、アレルギーによるものだと言う人もいますけど、その原因は香料であることが多いです。

これだけ見ると、合成香料は危険だと認識される方は多いと思いますが、天然の香料でもアレルギーがありますので、一概に安全だと言えないのです。

成分表示で香料は、何の香料から出来ているのか表示していない事が多い理由ですが、それは単一の物質から作られているのではなく、何種類もの化学物質から成っている調合香料だからです。

調合して作る訳ですが、何百種類といった物質から作られている物もあり、単純に成分全てを表示できないために香料としか記載されていないのです。

また、規制もないのでこのような成分表示になっていて、パッケージを見るだけではその中身を知ることはできないということです。

香料は安全性があるのかと考えても、これと言った証拠もなく安全性があるのかないのか結論は中々出ないというのが正直なところです。

そんな状態で、何百種類の化学物質が配合されている可能性があり、安全性も確実とは言えない状況なら香料配合の物より無香料の物を求めるのは自然なことだと思います。

それに、強くて良い香りは不自然なことであり、自然の中で見つけることが難しく、何かしらで合成された物と考えられるでしょう。 このような理由で無香料の物が多く使われるようになってきているのです。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ