育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

育毛シャンプーでアレルギーを起こす可能性のある成分

日本人の多くは、花粉症を代表するアレルギーを患っている人が多く「国民病」と言っても過言ではありません。花粉症から命の危険にも関わってしまうものまで、アレルギーの種類も数多く存在し、薄毛体質の人も症状の重さに関わらずアレルギーを持っている人が多いです。

やはり薄毛体質の人は、アレルギーのことも気にしながら育毛シャンプー選びをしている人が多いです。

育毛シャンプーは基本的に、素晴らしい効果・効能をもっているエキスや成分を配合ているものが多く、快適に使え、使用はじめの時は何ら問題は無かったのに、数ヶ月から半年ぐらい経ってくると、だんだんと肌に合わなくなってくる場合がある人も居るようです。

そういう人の多くは、魚介類アレルギーだったり、そばアレルギーだったり、複数のアレルギーをもっている方に起こりうる可能性があり、シャンプーや化粧品など直接肌に付ける物はよく確認しないといけません。

それを回避するために確認しないといけないのですが、自分のもっているアレルギーが分からない人やアレルギーがあるかないかも分からない人もいるでしょう。

そのような人が、自分に合っている育毛シャンプーを探そうとして、色んな物を試すのは良いのですが、たくさん試せば試すほど、育毛シャンプーを買う羽目になり、お金が掛かって大変なことになります。

育毛シャンプーを使った人で、フケが出たり、頭皮が痒くなったりする人は、とても多く、出来るだけアレルギーを起こさないためにも、アレルギーが起きると言われている成分を紹介したいと思います。

洗浄剤アレルギーについて

まずは洗浄剤アレルギーですが、どんなシャンプーにしても主成分は合成の洗浄剤になっています。

ですから、天然成分配合や植物由来エキス配合と書かれ販売されていても、泡立ちが悪く洗浄力がなく汚れを落とせないのならシャンプーの意味がありません。

汚れを落とすために、洗浄成分を配合している訳ですが、その中でもスーパーなどで買える安値のシャンプーに配合されている洗浄成分は、とても刺激が強いものになっています。

ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸Na、と表記されている成分がその代表的なもので、ちゃんと頭皮を洗っているのに痒みを感じるようでしたら、これらの洗浄成分が原因の可能性がありますから気をつけましょう。

合成香料アレルギーについて

シャンプーなどにつける香料による合成香料アレルギーも考えられます。

シャンプーのような商品には、たいてい何かしらの良い香りがついていますが、合成香料を配することにより香りが付けられている場合がほとんどです。

石油から得られる原料を化学反応させて作るのが、合成香料であり、その香料をシャンプーに溶かす溶剤にもさまざまな化学物質が使われるのです。

香料の香りによるアレルギーはほぼないのですが、香料に含まれている化学物質によって、アレルギーが引き起こされる場合があります。

防腐剤アレルギーについて

シャンプーや化粧品はすぐに使い切れる物ではありませんから、防腐剤が使用されることが多く、防腐剤アレルギーというのもあります。

特にシャンプーですと、高温多湿の風呂場に長期間保管しておくことになりますから、防腐剤を使用して防腐することが必要になってきます。

その防腐剤の中で有名なのが、パラベンフェノキシエタノールという成分であり、アレルギー症状も起こすと言われています。防腐剤によるアレルギーを回避するために、パラベンフリーなどの商品を購入する人が多いですけど、それでも痒みなどが発生してしまうという人がいます。

その場合、防腐剤の代わりに配合されているアルコール類によるアレルギー反応の可能性だと思います。これらのアルコール類は、防腐効果を期待して配合されている訳ですが、やはり防腐剤より防腐効果は低く、この効果を高めるためにより多く配合する必要があり、配合量が多くなってしまうのです。

ハーブアレルギーについて

配合量が多くなると当然、アルコール類に反応してしまう可能性も上がり、やっかいな問題となっています。 シャンプーに配合されているエキスなどによってもハーブアレルギーが起こる可能性が少しあります

基本的に、髪に良い天然由来の成分として、育毛のためなどに配合されていることが多く、シャンプーではなく、ハーブやエキスそのものに反応してしまうそうです。

ハーブやエキスのシャンプーへの配合量はとても少なく、これらの成分が配合されているものでアレルギーを起こしたのなら、特定の植物アレルギーであることが分かっているのでしたら別ですが、防腐剤や洗浄成分などによるアレルギーを疑った方が良いかもしれません。

天然成分は、洗浄剤よりも刺激が弱いのですから、元々その原料で湿疹や痒みなどのトラブルを起こしているような方だと気を付ける必要はあります。

ハーブアレルギーを起こす方は少数ですが、肌や体質にハーブが合わない方もいるようです。

ですが、ハーブは昔から漢方や薬用として使われて来た歴史がありますので、それなりの効果や効能があると考えられ、刺激のメンで言えば強い成分だと推測できます。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ