育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

育毛シャンプーに配合されているおすすめ成分は?

育毛シャンプーを購入する時に一番確認するべきものはやはり、配合されている成分になります。配合されている成分はボトルの裏側や通販サイトであれば商品情報を探すことになります。

もし、通販サイトなどで全成分の表示を怠っている場合、それは購入するに相応しくない商品なので、どんなに有名で人気のある商品であったとしても、法律を守れていない物はNGです。

育毛についてある程度の信憑性のある成分が配合されていないと、育毛の成功どころか頭皮環境を乱してしまい、逆に抜け毛や薄毛を進行させてしまう恐れがありますので、どのような成分が育毛に良いのか?を知っておくのは大事になってきます。

さらに言えば、自分の頭皮や性質に合っているかどうかも大事です。

育毛シャンプーに配合されている成分の中で特におすすめなのは?

育毛シャンプーに最適なお薦めできる成分ですが、頭皮環境に良いものをまず考えないいけません。

そうなるとお薦めできる成分は、安全性が高く洗浄力もそれなりにあるラウロイルベタインココアンホなどが良いと思われます。このような文字が含まれる成分があるかどうか?チェックしてみましょう。

因みに成分というのは、組成(そせい…いくつかの要素・成分によってひとつのものを組み立てること。)が変わることによって、表示名や呼び方が変わることが多いのが悩ましいです。

そうなってしまうと、専門家でない限りすべての名前を覚えるのは難しいですし、成分名で数字やアルファベットが違うだけで、期待できる効果が違うものなどたくさんありますから、いち消費者には厳しい部分があります。

逆に悪い成分ですが、最低限の知識として、育毛や頭皮環境を悪化させる合成界面活性剤やシリコンが入っていないかを確認すれば、とりあえずは良いと思います。

育毛に特化した育毛シャンプーというのは、殆どがアミノ酸系シャンプーといわれるもので、安全性は高いですが、洗い上がりや爽快感に欠けることが、一般の消費者に受けないという一面もあるようです。

メーカーは、そうならないために、果物や植物などのさまざまなエキスを配合していますので、自分の好みのエキスを見つけるのも良いでしょう。

エキスによっては、組み合わせの相性や毒性、アレルギーが考えられる場合もありますので、自分の体質と照らし合わせながら見つけるといいと思います。

アミノ酸系シャンプーは、汚れをしっかり落としつつも必要以上の皮脂を落とさず、傷んだ髪を吸着補修してくれる優れたシャンプーになっています。

このような良い育毛シャンプーを見つけるために、商品のパッケージ裏の成分表示などを見ますが、これだけで一眼に良い悪いを決めるのは困難なことです。

しかし、ある程度の良し悪しの見当をつけれますので、必ず育毛シャンプーを購入する時に成分表示を見て、ラウロイルベタインココアンホなどがあるかどうか?

チェックをして、できるだけ納得した商品を購入するようにしましょう。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ