育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

シリコン・ノンシリコンの是非についての育毛漢の見解

シャンプーには、シリコン入りとそうではないノンシリコンシャンプーがあります。最近ではノンシリコンシャンプーが市民権を得ていますよね。

ところでシリコンというものは一体どういったものなのでしょうか。

シリコンというものを単純に解説しますとオイルと言っていいでしょう。そして、その役割についてですが、髪をコーディングする、一時的に保護する、これが主な役割です。

シリコンコーティングされた髪の毛

シリコンにも種類が色々あって、それぞれ持っている特性や構成は変わってきます。シクロメチコン、ジメチコン、シラン、シリカ、シリル、シロキなどの成分がありますが、これらがちょっとでも含まれたらシリコンと言えます。

シリコンのイメージといえば悪いイメージが付いていますが、実際のところはどうなのでしょう?なんとなくのイメージで、『ノンシリコンは安全。』で『シリコンは悪い成分。』と思っている方が多いと思います。

これは、テレビや雑誌などでの宣伝や広告、メーカーの謳い文句などで、知識が浅い人たちにそのようなイメージを植え付けていると言っていいでしょう。

本当は悪い成分ではなく、髪の毛の感触を良くするために配合される物であって毒性もありません。

ですが、補修効果がないという一部的な面だけ&悪い部分だけがクローズアップされ、CMなどの宣伝により、誇張されてしまっているのです。どんなものにも良い部分と悪い部分ってありますよね…?

安価のシャンプーに多く見られるシリコン

洗浄力の強いシャンプーにシリコンが配合されることが多く、そのために安値のシャンプーでも艶が出たり、指通りが良くなったりします。

安値のシャンプーは、育毛に悪い物が多いですから、そこの部分を勘違いされ、配合されていることが多いシリコンが悪い物だと思われてしまうのですが、シリコンを入れる元や目的が悪いと言えるかもしれません。

分かりやすく言いますと、悪いシャンプーを良いシャンプー見せれることが可能なのです。

個人差はあると思いますが、どちらかというと、シリコンが高濃度で含まれている物よりかは、ノンシリコンのシャンプーの方が良いと思います。

上記のように、シリコンを配合して悪いのを良く見せようとするシャンプーも多いですから、ノンシリコンのシャンプーの方が良い物が多いと言えます。

ですが、ノンシリコンだから良いシャンプーという訳ではなく、シャンプーの良い悪いは、シリコンの有無ではなく、どのような洗浄剤を使っているかで決まってきます。

原料の洗浄剤が大事ですから良いシャンプーの条件は、ノンシリコンであるということではないので、ここは勘違いしてはいけません。

それでもシリコンが入っているのか、入っていないのかで迷うぐらいでしたら、良質な良いシャンプーを使えば、大丈夫でしょう。こと育毛におけるシャンプーを探している場合は、問答無用でノンシリコンで良いと思います。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ