育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

育毛シャンプーの本来の役割をしっかりと理解すること

育毛シャンプーの本来の役割は、頭皮環境を改善し皮脂の酸化を防ぐことにあります。メーカーの誇大広告のせいで、さも育毛効果があるというイメージがありますが、全くの誤解だと思っておいて下さい。(※例外もあるとは思いますが。)

まずは頭皮の話をします。頭皮の皮脂と聞くと、余分な汚れだと思いゴシゴシと頭を洗ってしまう人がいますが、それは大きな間違いです。直ちに止めるようにしましょう。

皮脂は、紫外線、ウィルスや細菌などの外敵から頭皮を守ってくれる役割があり、頭皮を弱酸性に保つために、脂肪酸を分泌する常在菌の餌でもあるのです。とても大事なものなのです。

このような皮脂ですが、皮脂が酸化してしまうと頭皮環境が悪化してしまうことがあります。

皮脂が酸化してしまう原因としては、皮脂は体表面にある物質ですので、空気と常に触れている状態であり、触れている時間が5時間から6時間経つと酸化が進行すると言われています。

もっと分かり易く言うと、酸化とはそもそも酸素と物質との化学反応であり、例えば酸素と鉄が反応して、サビが出来てしまうといった現象がそうです。

このような化学反応が頭皮でも起きていて、皮脂が酸化すると、皮脂だけではなく皮脂周囲の物質も酸化して、当然時間が進むにつれて、酸化の度合いや影響も増していきます。

そして、最終的に皮脂は酸化によって、過酸化物質に変化してしまい、これが毛穴に詰まって、頭皮環境はとても悪くなり、育毛とは程遠い状態になってしまう可能性があるのです。

この毛穴が詰まった状態を放置しておくと、細菌が増殖していき、刺激も強いので、炎症を起こし、抜け毛の原因になるでしょう。

また、抜け毛だけではなく皮脂の分泌量が多くしっかりとした洗髪が出来ていない人は、毛穴の詰まり自体が層になってしまっていて、バクテリアなどの悪玉菌の影響により毛根が死んでしまい再生できなくなってしまう…といった、恐ろしいことも考えられます

皮脂の酸化を防ぐ方法

これを防ぐためには、毎日洗髪するだけではなく、頭皮ケアを意識しておかなければなりません。

また使用するシャンプーも石油系の合成界面活性剤のような品質の悪いものだと、毛根に詰まった皮脂をしっかりと洗い流すことはできないのです。

こういう時に、役立つのが育毛シャンプーのような良質な洗浄剤で、これなら頭皮に負担を掛けることなく、毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い流し、強力な刺激のある洗浄剤でもないので、皮脂を全て洗い流してしまうということもないのです。

育毛を考えるのなら、汚れは洗い流す必要はありますが、抗菌に必要な皮脂は残しておく必要があり、頭皮の保湿も行ない、頭皮環境を良くしてあげないといけません。

皮脂の酸化を防ぐことが育毛シャンプーの役割で、これをしっかりと理解して実行に移せば、頭皮環境のことで悩むことは少なくなるでしょう。

しかし、ラウラミドDEAなどが配合されているような育毛シャンプーだと、価格も高く、洗う時の手間も掛かるので、大変かもしれませんが、頭皮を健やかに保つためには、必要なことになってくると思います。

洗い過ぎによる皮脂の除去は、頭皮を乾燥させることにもなりますので、バランスも大事ですから、自分の皮脂分泌量を考慮して、洗髪する間隔を決めて置いた方が良いでしょう。

おおよその人にとって適切なシャンプーの回数は1日1回ですね。それを育毛シャンプーを使用する事で、より良い頭皮環境を創り上げて行くことが、育毛成功への第一歩だと言えます。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ