育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

リンスインシャンプーは育毛にとって害なのか?

リンスインシャンプーは育毛時にはNGリンスが配合されているリンスインシャンプーは、一度にリンスとシャンプーが出来るということで、話題にもなった商品です。 価格もあまり高くなく、面倒くさい人や忙しい人に人気が出た商品でもあり、今でも使い続けている人がいるのではないかと思います。

ですが、このリンスインシャンプーは、デメリットがそれなりにあることを把握しておかなければなりません。

まず根本的に、シャンプーとリンスは全く違う物で、分けて使う物だということを認識しておく必要があります。それに、成分もさることながらシャンプーは頭皮や髪を洗浄して汚れを落とすもので、リンスは髪表面をコーディングし保護をして、仕上げる役割を持っています。

リンスインシャンプーは、これらの役割を同時に行なうことになるのですが、リンスは通常だと頭皮には付けず、髪のみに付けるものですからリンスインシャンプーだと、どうしても頭皮に触れてしまうので、毛穴に余計な油分を与えてしまう結果になります。

そうなってしまうと、毛穴が油分で詰まるといったことが起こりますから、確実に洗い落とすようにしなければならないという手間が掛かります。ちょっとデリケートな話になっていまうのです。

リンスの洗い残しによって頭皮環境が悪くなりますと、育毛どころか禿げる可能性もありますから、リンスインシャンプーはあまり育毛に向いているとはいえないかもしれません。

育毛漢的にもっと言えば、リンスインシャンプーは育毛の成功の妨げになると思います。

リンスとシャンプーの2つの役割を全うできていない!?

リンスインシャンプーのウリである一つで二役についてですが、実は、2つの役割を同時に行なってしまう事で、逆にそれぞれの良さを打ち消したり弱めてしまったりするとも言われています。

半分以上のシャンプーの性質は、陰イオンであり、リンスは陽イオンでありますから、互いの良さを打ち消す所か、お互いに結合して沈殿してしまうというのです。

ただ単に、シャンプーとリンスを混ぜただけだとそのようになりますが、両性界面活性剤を入れ、分子の大きさを互いに変えていたら、結合しにくいのですが、お互いの良さを打ち消すデメリットを解消できている訳ではないのです。

このようなリンスインシャンプーは、リンスのする時間がない人がどうしてもリンスがしたいと考えているのなら仕方のない面もありますが、育毛を考えているのなら、やはりリンスインシャンプーは購入の選択肢には入りませんね。

また、育毛のため、髪の毛の健康の為には、基本的にリンスは必要ありませんので、特段の理由がない限り、リンスなしでしっかりと洗い、頭皮を清潔に保つことの方が重要だと言えます。

髪の仕上がりも重視しているのなら、アミノ酸系シャンプーを使えばリンスが無くても良いと思います。

という事でリンスというのは育毛に繋がるものはないですから、育毛を本気で考えているのなら、リンスインシャンプーではなく、アミノ酸系シャンプーを使用した方が良いでしょう。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ