育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

石鹸系シャンプーのデメリット・良くないところ

石鹸系シャンプーのデメリット石鹸系シャンプーはそれほど価格が高くなく、その上髪や頭皮にも優しく刺激が少ないという事で人気があるシャンプーです。

育毛漢はやはり石鹸系シャンプーよりもアミノ酸系シャンプーを推奨していますが、世間一般では、育毛対策のシャンプーとしても評価が高いようです。

なぜ育毛漢は推奨しないか?と言いますと、石鹸シャンプーには、注意しないといけないデメリットがわりと多く存在し、購入前に、しっかり認識しておかないといけない事があるからです。

今回は、育毛対策として使用する上で考えられる石鹸系シャンプーのデメリットを紹介していきます。

人気の石鹸シャンプーそのデメリットとは?

まず石鹸シャンプーはアルカリ性です。髪の毛が健康そのもので、その上で皮膚を丈夫に鍛えてみたい、などと思っている方ならアルカリ性でも良いとは思います。

しかし、本来的に人の髪は弱酸性に保たれていて、(弱)アルカリ性に弱いという性質があります。

おそらくアルカリ性のシャンプーを使っていると、キューティクルが開いてしまうので、髪が軋んでしまい、髪がギシギシしてしまうでしょう。キューティクルは健康な髪の毛のバロメーターです。

その次に考えられるデメリットは、石鹸のカスではないでしょうか。石鹸カスは、マグネシウムイオンと水中のカルシウムイオンが結合することによって発生してしまいます。

この石鹸カスは水に溶けないので、髪に付着してしまいますし、すすぎの度に発生しますからとても面倒だと思います。石鹸カスを取り除くためによく髪の毛をすすぐ必要があり、そのために髪がギシギシになってしまいますから、場合によってはリンスを使用しなければなりません。

ハッキリ言って育毛にとってリンスは邪魔な存在だと思います。

また石鹸シャンプーはアルカリ性ですから、キューティクルを閉じるために、酢やクエン酸を使用している弱酸性リンスを使い、軋みを和らげて仕上げる必要があります。

石鹸系シャンプーの使用時にリンスを併用しなかったらどうなるか?

もしリンスを使用しなかった場合はどうなるでしょうか。その場合、髪に石鹸カスがそのまま付着してしまい、石鹸カスは保湿力がありませんから髪がごわごわになり、フケのような白い粉が目立ってしまう可能性があります。

また、リンスをしたとしても、よくすすがないでいたらリンスも髪に残ってしまい、余計な脂分を残したり、毛穴に余計な成分を残す事になるので、やはり髪の毛に良くないのです。

以上、石鹸シャンプーを使うことによって発生するデメリットは色々あります。

キューティクルが開いてしまう、石鹸カスが発生する、リンスの脂分・成分は育毛にとって弊害になる、3点についておおまなに紹介しました。

因みに、石鹸カス自体によるデメリットは、絶対的にみてそんなに深刻なものではありません。

しかし、髪の毛が痛むと髪形や身なりの問題がありますし、炎症が発生することもありえますので、ヘアケアにとってはやはりデメリットである事は間違い無いのです。

ですから石鹸シャンプーを使用する場合は、ヘアケアをしっかりしないといけません。

この手間を考えたら、多少値段は上がりますが、アミノ酸系の育毛シャンプーを使用する方が結果的に経済的になると、育毛漢は思います。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ