育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

ph(ペーハー)から考える理想的なシャンプー選び

ph(ペーハー)というものを意識してシャンプーを選んでいる方はいるでしょうか?今回は、このphが良質なシャンプーを選ぶひとつの基準になるという話をしたいと思います。

まずはこのphの意味ですが、potential Hydrogen の略で「水素イオン指数」のことを指しています。この数字の値によって、液体が酸性であるかアルカリ性であるか?を調べることができるのです。

phの指数は、0から14の範囲が存在して、中間である7が中性で、数字が低くなるほど酸性になり、大きくなるほどアルカリ性になります。

そこで皮膚や頭皮のph指数ですが、健康で正常な頭皮は4.5から6.5位で弱酸性になっています。なるほど皮膚は弱酸性だから、よく「弱酸性」の商品を目にする訳ですね。

皮膚はアルカリ性に弱いです。アルカリ性が強くなるほど洗浄力が増し、体の汚れや皮脂を落としやすいのですが、それだけ肌への刺激も強く、その結果、フケや痒み、炎症、皮脂の過剰な分泌を招く恐れがあり、抜け毛にも影響してきます。

このような理由から、シャンプーを選ぶ時はなるべく頭皮のphの値と同じくらいのシャンプーを選ぶ方が良いのです。

phの値を意識した良質のシャンプーとは?

結論から言いますと、phを考えてシャンプーを選ぶならアミノ酸系シャンプーを選んだ方が良いでしょう。アミノ酸系シャンプーは、髪の毛・頭皮において弱酸性といわれる4.5~6.5のph値を持つからです。

石鹸シャンプーも肌や体に優しいイメージがあり、育毛に良いという情報がありますが、アルカリが強いですし、残りカスやリンスも必要になり、使い勝手も悪いですから、育毛漢的には結構デメリットの方が目に付きます。

また、良質なシャンプーを薦める人の中には、弱アルカリ性を推薦する人もいます。 その理由は、弱酸性を使用していると、皮膚の常在菌を殺菌せずに放置することになり、環境が変化しないことから抵抗力が落ち、敏感肌になる可能性があるという考え方からです。

弱アルカリ性の製品を使い、体の弱酸性に戻す中和機能を利用し、少しずつ鍛える必要がある、という理論なのですが、アミノ酸系洗浄剤のメリットと比較すれば、あまりそこまで必要性を感じる必要はないと思います。

この弱アルカリ性を使った方が良いという話そのものも、本当に正しいのかは分かりませんが、弱アルカリ性のシャンプーを使用するのなら、肌は本来弱酸性ですから、慎重にシャンプーを選ぶ必要がある、という事です。

因みに弱酸性か弱アルカリ性のどちらを選ぶにしても、自分の頭皮のphの値を専門的にチェックい、寸分の誤差もないシャンプーを選んだりする必要はありませんよ。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ