育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

抜け毛を更に悪化させてしまうシャンプーの見分け方

抜け毛を悪化させないためには、頭皮環境を良くして、清潔に保つことが大切です。AGAの予防にはこれは大切であり、抜け毛予防のために毎日シャンプーをして、しっかりと汚れを落とさないといけません。

ですが、このシャンプーが抜け毛の原因になってしまうこともあるのです。

育毛を意識していない多くの人が使うシャンプーは、スーパーやドラッグストアで手軽に購入できる数百円から千円程度で買えるシャンプーだと思います。

この安値でどこでも買えるシャンプーは、利便性は高いですが洗浄力が強い石油系だったり、多くの添加物が使用されていたりする場合が多く、髪の毛にダメージを与えてしまう危険性があります。

AGAや頭皮に問題ない方だとあまり心配する必要もないのですが、AGAで薄毛や抜け毛で悩んでいる方だと洗浄力が強すぎるシャンプーはNGだと言えます。

洗浄力が強すぎると、頭皮を清潔にしているつもりでも逆に傷つけている場合もあって、抜け毛や薄毛が進行してしまっているのです。

市販のシャンプーの中にも良品はある

このように、スーパーやドラッグストアで販売している市販のシャンプーは、抜け毛や薄毛を進行させると書きましたが、全ての市販のシャンプーが悪い訳ではありません。

市販のシャンプーそのものが悪い訳ではなく、そこに含まれている頭皮に悪い成分がダメなのです。

具体的な話をします。

シャンプーや化粧品類を購入する時、パッケージやラベル裏の成分表示を見ると思いますが、配合量が多い順番で上から順に書かれています。

そこで、どの成分が良くないか?と言いますと、有名なものとしては、ラウレス硫酸ナトリウムラウリル硫酸ナトリウムラウリル硫酸塩です。これらの成分が表示されている場合、そのシャンプーはあまり良質のものではない、という判断をしても良いと思います。

特に、これらの成分が成分表示の上位に来るようであれば、配合比率が多いという事=濃度が濃い、という事ですから注意しないといけません。

基本的に市販のシャンプーは上記のような危険性を孕む商品が多い傾向にあるのでお勧めしません。やはり、抜け毛を更に悪化させてしまわないように、できるだけ育毛シャンプーを使った方が良いと思います。

やはり薄毛対策には育毛シャンプーがベスト

育毛シャンプーにも色々ありますが、やはり石油系や高級アルコール系のものより、アミノ酸系や石鹸系のシャンプーを使った方が良いでしょう。ベストはアミノ酸系の育毛シャンプーです。

現在進行形でAGAの治療をしていない方や、それほど薄毛や抜け毛で困っていない、でもちょっと気になる…。そういった方も、今の内から育毛シャンプーを使用しておくべきだと育毛漢は思います。

アナタが今使用しているシャンプーのボトルの裏の表示成分をチェックしてみて下さい。ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸塩、といった成分が入っていませんか?

もし見つけたら、この機会に頭皮や環境に優しいシャンプーを使った方が良いでしょう。

アミノ酸系育毛シャンプーはなぜ良いのか?

アミノ酸系シャンプーが何故、AGAや薄毛や抜け毛に良いかと言いますと、髪の毛はたんぱく質でその9割以上がケラチンから成っており、そのケラチンは約18種類のアミノ酸ですから、育毛シャンプーの成分は、の毛の構成要素と親和性が高いのです。

また、大きな特徴として、必要以上の皮脂を取り過ぎないで汚れのみを取り除き、頭皮への刺激が少ないので、乾燥肌や敏感肌の人にも使いやすいものになっているのです。

経済的に余裕の無い人に向けて言えば、多少譲歩すれば、市販のシャンプーでも問題ない方もいると思います。

そういった方に対しては、上記のような特徴は、基本的にプラスアルファの要素だと思って欲しいです。育毛の効果を更に向上させるために、アミノ酸系シャンプーのような育毛シャンプーが存在しているのです。

今使用しているシャンプーで何ら問題ないのであれば、最低限の話、体質に合っていると言えますので、無理に変更する必要もありません。 育毛剤に資金を投入した方が良いと思います。

以上、抜け毛を悪化させてしまうシャンプーの見分け方ですが、成分表示をよく読み、何が悪い成分なのか理解することが、とても大事なことだと思います。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ