育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naの危険性について

シャンプーを購入する時に、ボトルの表示成分を見ると頻繁に目にする成分があります。その成分は、同時に気にしないといけない成分でもあります。それは何か?と言いますと、ラウリル硫酸Naラウレス硫酸Naです。

何故、ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naを気にしないといけないか?と言いますと、この2つの成分は、シャンプーの合成界面活性剤の中でも毒性があり特に刺激が強いとされているからです。

この2つの成分は「危険」という認識をしている方が多く、世間一般、特に主婦の方にはできるだけ使わないようにしようと高い意識を持っている方も多いと思います。

しかし、このラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na。本当に危険なのでしょうか?育毛漢がこの2つの成分を色々と調べた結果、考えた結果をまとめてみようと思います。

ラウリル硫酸Naの危険性について

まずラウリル硫酸Naですが、この成分は強い洗浄力があり泡立ちも良く、何よりも製造コストがそんなにも掛からないので、安い価格で提供できるため一般で売られているシャンプーに良く配合されている成分です。

アニオン界面活性剤という洗浄剤の一種で、その強い洗浄力のため刺激がわずかにありますから、乾燥肌や敏感肌のような肌が弱い人が、ラウリル硫酸Naが配合されているシャンプーを使うと痒みなどが発生する可能性があります。

強いのは何も洗浄力だけではなく、皮脂を取り払う力でもある脱脂力も強いので、必要以上のの皮脂を頭皮から奪ってしまい、頭皮の乾燥が促進させ、結果、頭皮環境も悪化し、毛穴も痛めてしまう可能性があります。

頭皮を守っている皮膚常在菌を死滅させてしまうこともあります。そうなってしまうと、フケ、痒み、薄毛、抜け毛というような症状が出てしまう危険性もあります。

反面、メリットとしては、綺麗に汚れを取り汗や皮脂を取り払ってくれるので爽快感はあります。

ラウリル硫酸Naが危険だと言われる原因としては、分子量がとても小さいところにあります。分子量が小さいと、肌から成分が浸透していくということが考えられ、皮膚を通して、体内に毒が入ることを指す言葉である経皮毒になっているかもしれません。

近年では、ラウリル硫酸Naを使用することは少なくなってきていますが、まだまだ使用されることもあり、テレビのコマーシャルで流れる誰でも知っているようなシャンプーでも使用されている成分でもあるのです。

また、傾向としては、石油を原料とするのではなく、植物成分から製造するようになってきています。

ラウレス硫酸Naの危険性について

ラウレス硫酸Naですが、こちらはラウリル硫酸Naを刺激性などを弱めたものになっています。また、たくさんのシャンプーに使われている成分でもあり、この2つの成分の名前が似ているので混同してしまう人は多いと思います。

ラウレス硫酸Naは、ラウリル硫酸Naと違って、毒性も弱く分子量も大きいと言われています。ですから、体内に毒が入ることである経皮毒になる可能性も低く、ラウリル硫酸Naよりも害は少ないと思っても良いでしょう。

しかし、洗浄力や脱脂力の観点から見ればこの2つはあまり変わらず、どちらともに強いので、必要以上の皮脂を頭皮から奪ってしまいます。

多くのメーカーは、ラウレス硫酸Naを配合してシャンプーを製造していますから、そのデメリットによって、髪が軋んでしまうということを避けるために、シリコンを配合することが多いです。

このシリコンが配合されていると乾燥肌や敏感肌の人の場合は、頭皮環境の悪化に繋がる恐れがありますので、基本的にシリコン配合のシャンプーは購入しない方が無難だと言えます。

このラウレス硫酸Naも現在では、石油からではなく、植物成分から作られていて、多くの方に使用してもらうために、原材料など工夫しているメーカーが増えています。

石油から作られたシャンプーですとイメージも悪いですし、やはりデメリットが多いというのが正直な印象です。

この2つの成分が配合されているシャンプーは、洗浄力や脱脂力がとても強いですから、特に乾燥肌や敏感肌の人がそうですが、注意して使用しなければなりません。

また、2つとも硫酸という名前が入っている成分ですのでイメージも良いものではありません。もし検討中のシャンプーにこの2つの成分を見つけた場合、しっかりとそのメリットとデメリットを天秤にかけた上で購入するようにしましょう。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ