育毛漢 ~魂のMENU~

シャンプーの基礎知識

フケ・痒みの予防を主な目的とする育毛シャンプーの選び方

総合的なアプローチをする育毛シャンプーというよりも、フケ・痒みの予防を主な目的としたシャンプーを選ぶ場合は、フケと元となる角質のコンディションを整える成分が配合されているシャンプーを選ばないといけません。

フケや痒みに困っている多くの男性は、育毛シャンプーを選ぶ時には、イメージだけではなく、シャンプーのパッケージの裏面を確認して、角質溶解成分や保湿成分が必ず配合されていることを確認してから購入した方が良いでしょう。

このフケや痒みを予防してくれる二つの成分ですが、保湿成分と聞くと、乾燥する冬の季節に必要な保湿剤や化粧品で知っている方はいると思いますが、角質溶解成分と聞くとピンと来ない方は多いと思います。

角質溶解成分とは、フケの原因となっている角質層を柔らかくする成分となっていて、この部位が柔らかくなると、キレイに洗え、もちろん洗った時の爽快感も上がりますし、育毛シャンプーには欠かせない成分と言えるのではないのでしょうか。

このように、角質溶解剤は、頭皮の角質を膨潤させることによってフケを予防するのです。

一般的な育毛ですと、頭皮マッサージや頭皮への栄養補給での血行促進によって、育毛すると考えがちですけど、角質を柔らかくして、頭皮が乾燥しないように、保湿してあげることはとても大切になってきます。

要するに、頭皮の血行促進だけではなく、頭皮環境も見直してあげなければならず、特にフケや痒みを予防する育毛シャンプーを選ぶには、頭皮環境を重視してあげないといけないでしょう。

また男性の場合ですと、部位は関わらず、汗や皮脂の分泌量は多いですから、それによって、角質層がはがれ落ちてしまって、頭皮環境は、悪くなってしまう傾向にあります。

このような状態でいるとかゆみを伴います。このかゆみを防ぐためには、角質を膨潤させる必要がありますので、角質溶解成分や軟化成分、保湿成分が配合されたシャンプーが必要になってくる、というワケです。

角質溶解成分と保湿成分を多く含む育毛シャンプーはどれか?

この角質溶解成分と保湿剤を含んでいて、多く配合されている男性向けのシャンプーの中で、特にフケや痒みの予防になる育毛シャンプーはいくつかあり、当サイトで紹介しているものも含めて言えば、

プレミアムブラックシャンプープレミアムブラックシャンプーアルガンK2シャンプーウーマシャンプーモンゴ流シャンプー、インディアン伝承シャンプー、などが該当します。

このどれもが数々の育毛成分を含んでいます。インディアン伝承シャンプーのように、インドの代表的な植物エキスを使っているものあります。

という事で、フケや痒みの予防を目的として育毛シャンプーを選ぶ時は、角質溶解剤や保湿剤が配合されている事を確認する必要があるでしょう。是非参考にして下さい。

また、フケや痒みの予防ではなく、すでに困っている場合は、極力化学合成物は避けたいので、天然の植物由来成分が配合されているかどうか?もチェックしましょう。

もっとも、当サイトで紹介している育毛シャンプーについては、そのほとんどが天然の植物由来の成分を使用していますし、それが育毛シャンプーの今の主流でもあります。

育毛漢(いくもうおとこ)が現在使用中の3大育毛アイテム

ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ