育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛Q&A

ハゲているとどうしてダメなの?

これはとても深い質問だと思います。育毛漢はかなり若い時期…それこそ23才位から、ハゲという大変深い悩みと向き合ってきました。

若ハゲというのは、経験している方なら分かると思いますが、
社会から一線を引かれたような気持ちになるくらい、
深い孤独感と恐怖感を味わいます。

当時は毎日毎日、

『ハゲているとどうしてダメなんだろう?』

正にこのような事を思う日々でした。

そこから一念発起して、毎日欠かさず約9ヶ月の間育毛に取り組み、
自分では満足いく結果を手にすることができました。

毎日欠かさず約9ヶ月の間育毛に取り組み、

そして、今ハッキリと言えるのは、

ハゲていても決してダメではありません。

そう声を大にして言えます。

そう言えるのは、育毛漢が育毛に成功したから、多少余裕のある立場に戻ったからという理由も正直少しはあります。

ただ、それが育毛漢の本心、本当の理由ではありません。

上の写真を見てもらえば分かると思いますが、
ハゲていない人に比べたらやはり全然薄いですよね。

育毛漢は、本当に毛が頭皮から無くなってしまいそうな、
悲惨な状態からの復活でした。

今は坊主頭で生活していますが、最悪坊主頭で3mmカット位にすれば、

『え?全然ハゲてませんよ。』
『よく見たらそうかもしれないけど、気をつけなければ気が付かない。』

という感じなんです。

育毛漢はこれで十分なんです。
一度地獄を見ているので、ちょっと薄くても当時と比べたら全然マシなので、
気持ち的には満足なのです。

この体験から育毛漢が言いたいのは、ハゲているのがダメなのではなくて、

ハゲているのがダメだと思ってしまう自分がダメ

だと言う事です。

とは言っても人間は弱い生き物です。
こればかりは簡単に気持ちの切り替えが出来るような類の事ではありません。

結婚が育毛漢の考え方を変えてくれた

それともうひとつ、育毛漢が『ハゲていたって全然平気だ。』と決定的に思うようになった出来事があります。

それは結婚です。

最愛の人と一緒になれるということは、突き詰めて考えれば、

他人に認められる(しかも一番認めて欲しい人に認められる)
嫌われる恐怖から開放される

こういう事なんだと思います。

育毛の悩みも、突き詰めればそういう事だと思うので、
ある意味結婚した事で、育毛に成功してしまったとも言えるワケです。

これが人間の不思議な所なんですが、
結局の所、感情が満たされれば薄毛でも気にならないんですね。

とは言っても、育毛漢は妻という安息の地にどっぷり浸ってしまうことは、
ある意味「甘え」だと思うので、

今でもしっかり育毛や健康には気を遣うようにしています。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ