育毛漢 ~魂のMENU~

育毛漢のかなり濃い話

第22話「1日の抜け毛の本数はどれ位か知るのは無意味

1日にどれ位の抜け毛があった場合は危険信号なのか?という疑問を持っている人は沢山いるようですが、ここでその目安を語ることにあまり意味はありません。

実は抜け毛の本数といのはかなり個人差があり少ない人で20本、多い人では400本以上もあるという、かなりの開きがあるからです。(こちらの日本毛根抜け毛研究会というサイトの測定はかなり厳密です。)

多くのサイトにおいても1日の抜け毛について言及していますが、どれも平均値を出しているだけです。その数は大体50~100本という所。

おそらくどこかひとつのサイトが案内した数字を、他のサイトが踏襲しているだけというのが現状でしょう。ネットの情報は簡単にコピーペースト出来ますからね。

また、皆さんこの平均値というマジックに気がついていないのが悲しくもあります。平均値というのは単純に、対象であるの全ての数字を足してその数で割っただけのことで、今回のような、個人差がある事象に対しての判断材料にはなり得ないのです。

参考になるデータと全く参考にならないデータについて

例えば男性はペニスの長さで一喜一憂してしまいますが、この時、日本人のペニスの長さの平均値というものがあるとします。そこで自分のペニスの長さが平均よりも長いか短いかという事実は分かって喜んだとしても、究極的な目的、満足はそこではありませんよね?

セックスの本来の目的は、まあ色々あると思いますが、例えば女性を満足させるとか、お互いの愛情を深めるとか、そういう事であって、ペニスが短いからといってそれらが達成できない原因の全てにはならないという事なんです。

つまる所、この場合のデータなど全く無意味です。単純に知りえた情報ということで、それ以上でもそれ以下でもありません。

なんか例えがアレな感じになってしまいましたが、つまりは育毛においても同じことです。今ここでネット上での情報において、1日の抜け毛が100本以上あったからと言って、それを持って薄毛予備軍やハゲだとおいうことは、非常にナンセンスなのです。

ですから、仮に自分が抜け毛が多いとしても、現段階で気にする必要は全くないのです。また、抜け毛は季節によっても変わりますし、年齢によっても変わります。そんな中、継続的に抜け毛の本数をチェックするのは面倒以外の何者でもありません。

育毛はとても長期的目線で取り組む事ですし、抜け毛が何本あろうが、結局他人からハゲている、ちょっと薄い、という印象を抱かせてしまったらそれが答えなのです。

ですから、よくある『抜け毛の本数を採取して数えましょう!』というようなことは一切する必要はありませんし、この平均値の話をしった事で、この行為がいかに無意味なことか分かって貰えたと思います。

ただし、多少の安心感や危機感を覚えることは確かなので、一度位ならやってみても良いかとは思いますが…。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ